BlackBerry Classicのバッテリー、意外ともつ?

imgp0821-1.jpg

みなさんこんにちは、へれんです。

このところ体調を崩してしまい、思うように更新できず。。。
ひとまず何か書こうと思いながら、興味のある方は気になるであろう、
Blackberry Classicの駆動時間について簡単にご紹介。

バッテリー残量の推移

Blackberryデバイス管理

上記の画像は昨日使用していた間のデバイスモニター画面です。

使用環境というか使用中の流れを説明すると・・・

  1. 1:00頃に充電器から外しにアラームをセット
  2. 7:00にアラームで起床、IP電話アプリを起動
  3. 8:15〜8:50に出勤しながら20分程度ニュースアプリを見たりLineしたり。
    出社してからはWunderlistでTodo管理しつつLINEしてたり‎、メールを受信してたり。
  4. 昼飯前後は30分くらいニュースアプリ見ながらLINEやってたり、
    純正アプリのrememberでブログの下書き
  5. 午後の仕事中も4と同じような使い方
  6. 17:00から21:00までたまたま別作業のため席を外すことになってしまい、
    その間は放置状態。
  7. 21:00過ぎに帰宅しつつ20分程度ニュース見たりLineしたり。
  8. 家についておしまい。

と、まあ昨日はこのような生活をしてました(笑)

本当なら19:30には家についてのんびりブログでも更新しようと
思っていたんですが、新入社員のために机の配置を変えたりなんだりしていたら
こんな時間になってしまったんです…。
(途中、コンセント抜けてPC強制シャットダウンしたりと地獄でしたが)

とりあえず1日(24時間)は大丈夫そう

現時点での使用方法であれば朝に充電済みの状態であれば

日中はなんの不安もなく使えそうです。
この感じだと日が変わる頃までは大丈夫かと思います。

少なくともIP電話アプリを起動しっぱなしにしなければ24時間はいけそうですね。

今回は実験も兼ねてIP電話アプリを起動していただけで、実際に通話に使用したわけではないので何ともいえない部分があることはご了承ください。

前回以前のブログでも書いたとおり、まだ完全にBlackberryメインで運用しているわけではないので、
Simもデータ通信のみですので、通話ありのSimではまた変わってくると思います。
前回のブログはこちら

予定では今月末か4月のはじめには通話Simに変えてBlackberryメインに変わっていくので、改めてレビューします。

スポンサーリンク

シェアよろしくお願いします!

スポンサーリンク