私がChromebookで使ってるアプリをご紹介

benefits-5-mobile

これまた他のブロガーさんたちが載せてるような話。
やっぱり代わり映えしないと思いますが…
ちょっと文章が長くなるのでご容赦のほど。。。一応、リンクのせとくね。

先日のGoogle発表であったように、
ChromebookがAndroidアプリに正式対応する日も近いとか。

来月から一部のタッチ対応機種では使えるようになるんだけど、
それ以外の機種は今年の秋以降に対応するかもしれない。
まだまだ先は長いんですが、それを見越してアプリの使い方を見直しつつ、
現在Acer Chromebook CB3-131で主に使ってるアプリを紹介とかしていこうと思います。
あくまでも、”Chromebookで主に使用している”もので、
出来る限り絞ってますので数はそんなないです。

Google Chrome

いや、こりゃ当たり前なんですが。
とはいえ拡張機能をいくつか入れてるので、まずはそれから。

Checker Plus for Gmail

これは有名だと思いますが、Gmailを受信したらポップアップでお知らせしてくれたり、
ツールバーのアイコンで未読や数を教えてくれる便利なやつ。
急ぎの用なんかは基本電話で来ちゃったりするんですけど、
他の作業しながら気づけるんで大変便利です。
Checker Plus for Gmail

Awesome Screenshot

いわゆるブラウザ画面のみスクリーンショットしてくれるやつ。
Webページ全体からいま見えてる部分だけ、範囲指定した部分だけ、
などブログ以外にも役立つキャプチャアプリです。
(仕事でもよく使用してたりします)
Awesome Screenshot

Google Task

正直ほとんど使ってなかったりしますが(笑)
あとからやりたい作業とか中断したこととか忘れないようにするため、
ごく稀に使用しています。
Google純正なので他のTodoアプリとか使ってなければひとつ参考に。
Google Tasks (by Google)

Tag Assistant と Page Analytics

どちらもGoogle純正のアプリ。
基本的には入れてあるだけな感じもしてますが、
Page Analyticsはサイトの状態を軽くチェックするときに使ってます。
とはいえ、この手の分析はGoogle Analytics使っちゃうのでヒートマップくらいでしか…。
Tag Assistant (by Google)
Page Analytics (by Google)

Google Keep (Chrome拡張機能版)

これは最近出た機能になるんですが、結構使ってます。
こいつは気になるページ上でクリックすると、そのページタイトルとURLを
Google Keepに保存してくれるって便利ツールです。
Pcoketと違って全文を入れるわけではないので注意が必要です。

ちなみに右クリックして新しいノートを作ることもできるので
ちょっとしたメモなんかもここに書き残して保存しときます。
通常のアプリ版Keepを多用しているので、詳しい使い方はアプリ版の紹介に書いてあります。
Google Keep Chrome 拡張機能

momentum

これは特別何かをしてくれるものじゃないですが、
新しいタブを開いたときにページへ時計と風景画像を表示してくれる拡張機能になります。
それ以外には現在地の天気を表示したり簡単なTodoリスト作成&表示できたりします。
なんだかんだ気に入ってまして、ほぼすべてのChromeに導入してたりもします。
Momentum

Google オプトアウト アドオン

Google純正拡張機能でこれはちょっと特殊なんですが、
Google Analyticsに自分のアクセスを反映させないようにするものです。
ページ確認したりするのにアクセス加算されちゃってよくわかんなくなる前に、
導入はするべきでしょう。
除き切れない場合はGA上でフィルタかけたりとか(ry

とりあえずChromebookで導入しているChrome拡張機能はこんな感じです。
ようやくアプリの紹介に移ります(笑
Google Analytics オプトアウト アドオン

Google Keep

先ほど拡張機能でも少し書きましたが。
ブログ用のアカウント以外でもメモやなんかに活用しています。

Chromebookでは主にブログのネタまとめに使っています。
拡張機能で、KeepによるURL保存とノート作成ができるようになったので、
ブラウジングしながら気になるカフェやバーの情報や閃いたことがあればKeepへ。
で、できればその日中で時間があるときにタグづけして関連するものはまとめておくという流れです。
基本的にはガッツリ書くというより、ほんと溜めておく感じ。
それにしての同期機能ってすばらしいよね。

ちなみにちょっと前までブログ下書きもKeepを使ってたんですが、
何となく気合入れて文章打つには合わない気がして気分的にEvernoteに戻しています。
Google Keep – メモとリスト

Evernote

皆さんご存知の緑アイコンの象。
初期のころから使っているような気がするんだけど、
別のアプリに浮気しまくりでガッツリ使い込んだことはなかったりします(笑)

つい最近からブログの下書きに使うようにしていますが、
想定通りChromebookならではの弱点に遭遇。

まず前提として、ChromebookでEvernoteを使うには2つやり方があります。
1つはWeb版のEvernoteを使うこと、もうひとつはアプリ版のEvernoteを使うことです。

いずれもメリットについてはあえて触れなくてもいいかな。
しいていうならWeb版についてはほぼ共通の画面レイアウトなので何を使っていても操作がしやすいことかな。

で、問題点ろいえばChromebookの宿命とも言える、
「オフラインでやれない」ということです。
当たり前だろって話ではあるんですが、ときどきカフェなんかで、
Free Spot Wi-fiにつなげたりして作業していますが、場所によってかなり接続が切れます。
そうするとすぐエラー返ってくるし、保存されてなかったりするし、もうキレッキレ!
普段はテザリングとかでやってるんでそこまで気にすることもないですが。
電池少ないときとか、通信料的な心配があるときは積極的に使うのでちょっと困っちゃうんです。

そんななかでアプリ版Evernoteの存在があるんですが、こっちはこっちで問題が。
こいつはウィンドウサイズが固定されてしまい、
ChromeやKeepなど他のアプリと並べて表示ができないことです。
このアプリはオフラインでも作業できるので、当初はこれを使う予定でしたが…
オフラインでこそ溜めたネタを横に置いてまとめたり書きたいのに、
肝心なネタを見ることができなーい!ってなってしまいます。

この辺りが原因でなかなかEvernoteでブログの下書きをやらなかったんです。
現時点でも解決はしていないんですが、とりあえずまあ、頑張って使ってみっかと。

あ、ちなみに以前は”Evernote Web Clipper”の拡張機能入れてたんですがにしてます。Keepが出てからサヨナラしてます。
Evernote Web

Twitter Deck

ツイッターはこいつを使用しています
ブログ用以外でメインで使っているアカがあったりしますので、
いちいちアカウント変更しなくて済むのがありがたいです。
他にも選択肢はあるようですが、なんとなくこいつが良いかなーと思ったので選びました。
TweetDeck by Twitter

Pixlr Editor

これまたブログやってる人はいれてるやつ。
簡単な画像編集ならこいつで十分対応可能。

フラっと寄ったカフェやなんかでは、iPhoneを使って写真を撮るので、
Google Photoにアップデートしといて、そこからダウンロードした写真を
Pixlr Editorでリサイズ、加工してブログに上げるようにしています。
正直、枚数が多くなったり重い画像を編集するには苦行ですが、
iPhoneで数枚撮りました、程度であればこれで十分だと思います。

よくよく見たらGoogleフォトでもトリミングとかできるんで、
リサイズかけなきゃPixlrも使わないかもですね。

このあたりの私の使い分けとしては、
近所にでかけるときiPhoneで撮影しているので、上で紹介したパターンですが、
旅行とか遠出するときには一眼レフを持ってくので、iMac使って作業しちゃいます。

あとは色にこだわるとかそういう人は、ぶっちゃけChromebookのような
チープな画面では厳しいと思うので最初からMacなり何なりを使用するほうが良いです。
Pixlr Editor

Google Photos

これもChromebookにしてからよく使うようになりました。
一眼レフで撮った写真なんかは、iMac側に直接SDカード差して保存&編集、ブログ更新・・・
って流れなんですが、iPhoneで撮った写真はGoogleフォトにアップロードして、
Chromebookと同期して、編集してブログ更新とやっています。
やりとりする回数を出来るだけ減らそうと思うと、やっぱクラウドって便利ですよね。

ただ、自動バックアップをオンにしていないので、都度必要な写真だけバックアップするのが
手間といえば手間ですが、されたら困る写真とかないこともないので(笑)
Google Photos

Text

どんなアプリかは名前の通りですね(笑
いわゆるWindowsのメモ帳やMacのテキストエディタ的なやつです。
Chromebookはテキストエディタと言えるものが最初から入っていないため、アプリなどで用意する必要があります。
ちなみに便利な機能として、ファイルのタブ表示やソースコードの色分けをやってくれるます。

私の場合、サイトのHTMLやCSSをいじるときや何かをコピったときの一時退避などに使ってます。
Text

LINE

これもまあ言わずと知れた、という感じでしょうか。
いちいちスマートフォンに目を落とすのがめんどいとき、Chromeでやれるようにしてます。
とはいえほとんどの会話が雑談みたいなもので、入れてもそこまで使うわけではなかったり。。
LINE

NitrousとCloud9

これは開発環境をネットワーク上で作れるアプリになります。
詳しいことは他にお任せしちゃいますが、
Chromebookでは開発環境を整えることがなかなか面倒なため、
これらのアプリを使うことで簡単に開発環境が作れます。
ちなみに登録無料でやれますが、制限がいろいろあります。
でも勉強や練習などに使用する分には十分だと思います。

私はこれでプログラミングにチャレンジしようとして勉強中です!!
Nitrous
Cloud9

Chromeリモートデスクトップ

基本的にメイン使用するわけではないんですが、たまに母艦に置いてあるデータが必要になったり、
何かしらの作業をしたいときには使います。
とくにWindows動かすときにはこれ使って会社のPCにつなげたり()
まあ困ったときの切り札的な感じでしょうか。やっぱあると、いざってときに便利でした。
Chromeリモートデスクトップ

GmailとINBOX

そして最後にこれはやっぱり外せないでしょ!!
基本的に飛んでくるメールはサーバ絡みとかそんくらいなので、
INBOX使ってやってます。読み終わったらアーカイブで。
これはあえてリンク貼りませんの悪しからず。。。

ということで計12+α個のアプリをご紹介

ざっくり駆け足で書きまくっちゃいましたが、とりあえず主に使っているのはこんな感じでしょうか。
もちろん他のアプリも入れていたりはしますが、基本的にはここで紹介したものを使っています。
正直Chromeのアプリは選択肢が少ないので、ほとんどのブログと被ったりしてますが(笑)
まあ改めて、使い勝手の良さなどは確認していただければと思います。

今後Androidアプリも使用できるようになれば、もっとChromebookもユーザ増えると思うけどな。
そうすれば国内で販売する機種も増えて、自分のように輸入したりなんだりって手間が減りますし。

ということで、Chromebookおすすめですよ!!

スポンサーリンク

シェアよろしくお願いします!

スポンサーリンク