オススメなChromebookをご紹介【2016/07 ver.】

chrome
みなさんこんにちは、へれんです。

この頃Chromebook関連の投稿ばかりで申し訳ないところではありますが、
国内でもある程度の数も出てきていますし、
海外では新機種が続々と投入されています。

そんなところで選択肢も増えてきたので、
この辺で独断と偏見で選ぶオススメChromebookを
4つのジャンルに分けてご紹介したいと思います。

珍しく文章いっぱいなのでお許しくださいませ。

ジャンルはこんな感じ。
1. 軽量コンパクト
2. 11インチバランス型
3. 13〜14インチバランス型
4. ハイスペック

例のごとくスペックについては最低限のっけときます。

軽量でお値段も控えめ

とりあえず軽い&安い方が良い!と言う方にオススメなのはやはりこれ。

ASUS Chromebook Flip

ASUS Chromebook Flip

昨年の10月に発売されてから、海外でも好評価の多い機種になります。
B5用紙と同程度の10インチと小ぶりで、重さはわずか890gです。
さらにタブレットとして使用することを想定しているため、
タッチパネル対応で、画面を360度まで回転させることができます。

ちなみに先日のアップデートでChromebookの一部の機種で
Androidアプリが使用できるようになりましたので、
使い勝手はAndroidタブレットに近づいています。

スペックについてはこんな感じ。

ASUS Chromebook Flip
ディスプレイ10.1インチ(1,280 × 800)、タッチ対応
CPURockchip Quad-Core RK3288C 1.8GHz
RAM2GB or 4GB
ストレージ16GB
バッテリー駆動約9時間
サイズ横262.8mm × 縦182.4mm × 厚み15.6mm
重さ0.89kg
価格Amazon.co.jp 34,596円

海外ではRAM4GBのモデルも出ています。
ASUS日本公式だと2GBしかないかも?
一応Amazonでは4GBのものが並行輸入されています。

国内価格だとやや高めの設定ですが、Amazon.comでは、
大体30,000円切る感じです。

この機種の良い所はやはり軽量コンパクトなところでしょう。
先日のChromeOSアップデートで、Androidアプリが
使用可能になったことで、タブレットとしての使い勝手も
向上したのは強みだと思います。

しかし、弱点としては軽量かつコンパクトサイズであるがゆえ、
画面サイズの小ささと解像度の低さは気になる方は多いかもしれません。

とはいえ、この手のChromebookを使う方はおそらく、
メインPCがあっての検討だと思いますので、
ブラウジングや動画を見たり、メールなど文章を打つ程度の活用であれば、
このサイズで十分だと思います。

豊富な11インチ台でおすすめ機種

正直このクラスは種類がありすぎて悩みます。
が、私の使用しているCB3-131は外せなません!

Acer Chromebook CB3-131

acerchromebook11_cb3-132_cb3-131_white-photogallery-03

これについては以前レビューなど書いていますので、
細かいことはそちらをご参考に。

Acer Chromebook CB3-131の購入報告と簡単レビュー
先日欲しいなあ・・・なんて悩んでましたが、ダメでした。 Chromebook買っちゃいました、初です。このCB3-131はまだ日本でも...

スペックはこんなん。

Acer Chromebook CB3-131
ディスプレイ11インチ(1,366 × 768)、タッチ非対応
CPUCeleron Dual-Core N2840 2.16GHz
RAM2GB
ストレージ16GB
バッテリー駆動約9時間
サイズ横30cm ×縦20cm × 厚み1.8cm
重さ1.1kg
価格Amazon.co.jp 37,980円

正直、国内で買うとメリットないんですが、
これをAmazon.comから輸入する形で買うと、
現時点では諸々込み2万円切る激安価格で購入できます!
(私が買った時は2万4千円くらいだったかな?)

良くも悪くも、無難なスペックというところですが、
この1世代前の機種はかなりの人気でしたが、
そこからの進化としてIPS液晶となったことで、
画面の見やすさが改善されたうえで、お値段が安価のため、
お金かけたくないけどそれなりに良いChromebookが欲しいとか、
Chromebook使ってみたいけど、あんま高いのはなあとか悩んでる方には、
このChromebookはとてもオススメです。

ほんとにこの11インチは機種数が多いので、困ってしまうんですが、
現状では正直、どれも同じようなスペックであるってところでしょうか。
しいていえば、機種によってメモリ2GBか4GBの選択ができる、
タフさやバッテリー駆動10時間以上のものがあるけど、
重量が1.3kg超えてくるなど、ユーザの好み次第というところでしょうか。

そんななかでもCB3-131はかなりいいと思うんですけどね〜。

13〜14インチ台でおすすめChromebook

いま私が欲しいサイズ感ではあるんですが、国内のレビューも少ないので、
海外のものを参考にして紹介していきます。
このクラスもいくつか候補がありまして、どっちにしようか悩んだので、
両方紹介しておきます。。

Acer Chromebook 14 CB3-431

Chromebook_14-photogallery-01

これまたAcerなんですが、価格的なバランスも良く、
家置きでも持ち運びでも対応できる重量と良くまとまっています。

スペックはこちら。

Acer Chromebook CB3-431
ディスプレイ14インチ(1,920 × 1,080)、タッチ非対応
CPUCeleron QuadCore N3160(1.6-2.24GHz)
RAM4GB
ストレージ32GB
バッテリー駆動約12時間
サイズ横34cm × 縦23.6cm × 厚み1.78cm
重さ1.54kg
価格Amazon.co.jp 47,390円

これまた無難なスペックですが、
駆動時間とRAM、それにCPUもそれなりに良いものを積んでいますので、
ちょっとした編集作業などもゆとりを持って操作することができるでしょう。
ただ、国内Amazonではやや高めのお値段になっています。
これも海外から輸入すれば、もろもろ込みで32,000円程度で入手可能です。
3万前後でこのスペックのものが手に入るとすれば、
かなりお得な買い物だと思いますので、ある程度のスペックが必要だ、
という方には選択肢になるんじゃないでしょうか。

Toshiba Chromebook 2 (2015)

TOSHIBA Chromebook2015

あともうひとつ、現行で海外でも人気の高い機種として、
Toshiba Chromebook 2(2015 Edition)があります。

これはほぼCB3-431と同じようなスペックですが、

TOSHIBA Chromebook 2 (2015) CB35-C3350
ディスプレイ13.3インチ(1,920 × 1,080)、タッチ非対応
CPUCore i3-5015U 2.1GHz
RAM4GB
ストレージ16GB
バッテリー駆動約8.5時間
サイズ横32cm × 縦21cm × 厚み1.9cm
重さ1.3kg
価格Amazon.co.jp 49,800円

CPUにcore i3を搭載したかわりに、バッテリー駆動時間が大きく減ったけど、
若干軽くなってるという感じです、
このスペックと重量、価格のバランスはFullHDディスプレイ搭載の
Chromebookのなかでも頭ひとつ出てるという感じです。

国内Amazonでは割高感は否めませんが、
輸入であると41,000円ほどで購入できるため、
CB3-431よりも少々お高くはなりますが、
持ち運びすることをメインに考えているのであれば、
こちらのChromebookもいいんじゃないかと思います。
(いちおう国内メーカー製品だし安心できるかも・・・?)

バッテリー駆動時間が若干不安なところもありますが、
ChromeOS自体が他のOSと比べバッテリー消費が少ないので、
ハードな使い方をしなければ昼間の外出くらいなら
十分に持つんじゃないでしょうか。

で、次はこいつらじゃ満足できない、
もっとハイスペックねえのかよって方々にお勧めの機種です。

ハイスペックなChromebook

独断と偏見で選んだハイスペックなChromebookを2種類。
ぶっちゃけどっちも欲しいです()

Google Chromebook Pixel 2015

chromebook pixel 2

ご存知の方も多いと思いますが、もはや変態の領域ですよね。
Googleが独自設計したChromebookになりまして、
とにかく無駄にハイスペックとなっています。

Google Chromebook Pixel 2015
ディスプレイ12.85インチ(2,560 × 1,700)、タッチ対応
CPUCore i5 2.2GHz / Core i7 2.4GHz
RAM8GB / 16GB
ストレージ32GB / 64GB
バッテリー駆動約12時間
サイズ横29.8cm × 縦22.5cm × 厚み1.5cm
重さ1.5kg
価格(参考)121,000円〜 / 158,000円〜

いやもう、Chromebookに何を求めてるんだってくらいの
ハイスペックマシンになっています。
万人受けするマシンじゃないって言う通りに、
使用するユーザは限られているでしょう。

しかし、Google独自の製品であるだけに、
ChromeOSに関する様々なアップデートは確実に対応、
しかも今回のAndroidアプリ対応アップデートも、
Chromebook Pixelと一部のタッチ対応機種からの先行ですので、
開発関連の方やとにかくハイスペック&先行者メリットに与るという方は
良いと思います!・・・この値段が許せるのなら、ですが。

とはいえ、より良い物を求める方には一考の価値はあるんじゃないかと思います。

そして今現在、私が買おうか悩んでいる機種で記事を〆ようと思います。

HP Chromebook 13 G1

HP Chromebook 13 G1
海外でもいくつかレビューが出てきており、
ほとんどの場合、上記のChromebook Pixelと比較されています。

正直なところ、全体の完成度や高級感では、
Pixelの方に分があるようですが、価格面を考えると、
このクオリティならChromebookでスペック必要なユーザは
間違いなく買いだ、と一定の評価があるようです。

下記のスペックはいくつかモデルがあるなかでも、
一番コスパが良いんじゃないかと人気のモデルです。

HP Chromebook 13 G1
ディスプレイ13.3インチ(3,200 × 1,800)、タッチ非対応
CPUCore m3-6Y30 900MHz-2.2GHz
RAM4GB
ストレージ32GB
バッテリー駆動約11.5時間
サイズ横32cm × 縦22cm × 厚み1.27cm
重さ1.3kg
価格(参考)63,000円〜

これ以外のモデルはCPUとRAMが変更となり、
もちろん値段も異なります。

  • Intel Pentium 4405Y + 4GB RAMモデル: 52,000円〜($499)
  • Intel Core m5-6Y57 + 8GB RAMモデル: 86,500円〜($819)
  • Intel Core m7-6Y75 + 16GB RAMモデル:101,000円〜($1,029)

正直なところm5あたりで6万ちょっとならそれが良いんですが()
高いには高いですが、Chromebook Pixelと比べれば安価に感じます。
それにスペックについてもChromeOSで作業する場合には、
Pixelとくらべてもそれほど大きな差は生まれてきません。
であれば、価格面を考えるとHP Chromebook 13 G1に軍配が上がります。

しかしPixelと違う点は、タッチパネルに非対応というところでしょうか。
今年の秋以降に、Chromebookのほとんどの機種はAndroidアプリの
使用が可能になるということは明らかになっていますが、
タッチ操作を前提として作られているAndroidアプリでは
操作感など微妙な違いが出ることは予想できますので、
その点タッチ操作可能なPixelに比べると劣るかな、という感じです。
逆を言えば、そのために10万以上出すかどうかですが・・・。

ここは私の考えになりますが、
Chromebookに求めているのは、安価でそれなりのスペックで、
それなりにいろいろとできれば良い、というものです。
やはりMacやWindowsのアプリやソフトの数には勝てませんので、
そのあたり妥協する必要があると思います。
(もちろんChromebookでリモートコントロールもありですが、
それも結局メインとなるPCがある前提ですし)

あとは仕事などに使うには、毎度書いていますけど、
目的や用途、ネットワーク環境やアプリの有無なども
大事なポイントだと思ってます。

そんなわけで、ハイスペックでも価格とのバランスを考えて、
Pixelのような端末に憧れますが、HP CB13G1でも十分じゃあないかと。
だから私はこいつが欲しいんです!!(笑)

と、何か関係ない方向に走ってしまいましたが、
現状で私がオススメするChromebookのご紹介となります。
あくまで独断と偏見で選んでますので、ご参考程度にどうぞ。

Chromebookも日本でもっと流行って欲しいなあ。。。

今回オススメしたうち、日本のAmazonで販売しているものです。
参考にしてもらえたら幸いです。

スポンサーリンク

シェアよろしくお願いします!

スポンサーリンク