AcerからWindows搭載の「Liquid Jade Primo」を8月25日に発売!

Acer Liqud Jade Primo _01
みなさんこんばんは、へれんです。

次はAcerから新機種が出ますね!
今回はWindows 10 Mobileを搭載したスマホです。
どうやら法人向けとして発売するみたい…?

前回の記事でHPのElite x3を取り上げてみましたが、
Jade PrimoもContinuumにより専用のドッキングステーションを
使用することで、PCとして活用ができます。
(キーボードとマウス、HDMIケーブルが必要ですが)

ちなみに専用ドッキングステーションとJade Primoの本体は、
USB Type-Cで接続するようで、ステーションには、
USB3.1端子とUSB2.0端子、HDMI端子、ACアダプター端子が
ついています。

じゃ、さっそくスペックを。
今回は素材もあるので比較してみようと思います。

Acer Liquid Jade Primoのスペック

前回記事のHP Elite x3と比較してみます。

Acer Jade PrimoHP Elite x3
OSWindows 10 MobileWindows 10 Mobile
ディスプレイ5.5インチ(1,920×1,080)5.96インチ(2,560 × 1,440)
CPUSnapdragon 808
2.0GHz 2コア + 1.4GHz 4コア
Snapdragon MSM8996
RAM3GB4GB
内部ストレージ32GB64GB
外部ストレージMicro-SDMicro-SD
カメラメイン21M / サブ8Mメイン16M / サブ8M
バッテリー容量2,870mAh4150mAh
無線充電(WPC(Qi)/PMA dual mode)
バッテリー駆動時間連続待受 約400時間
連続通話 約20時間
スタンバイ500時間
通話50時間
その他機能デュアルSimIP67水準防塵防水設計
サイズ縦156.5mm × 横75.9mm
× 厚み8.4mm
縦161.8mm × 横83.5mm
× 厚み7.8mm
重さ150g195g
価格想定10万円前後
※セット価格
$699〜

…あれ?
いや、なんだろう、この価格感。
あ、よくみたらセット価格で10万円程度の予想みたいです。

LiquidJadePrimo_02
セットの内容は、ドッキングステーションとUSBマウス、
USBキーボードが同梱されているようで、
購入後にはすぐContinuumが利用可能だそうです。
もちろんディスプレイは自前です。

こうやってみると、お得な感じがしないでもないですが、
HPのElite x3がかなり頑張ってる気がしますね。
ただしEliteの方は本体価格のみですので、
オプションでドッキングステーション、キーボードや
マウスは自前で用意する必要があります。

ちなみにスペックだけでみると、
マウスコンピュータが出しているMADOSMAと
大きな差はなさそうですねえ。
こっちも自前で諸々用意する必要がありますが、
本体価格は6インチディスプレイで5万円程度です。

それを考えるとやはり、全部セットになっている
Acer Liquid Jade Primoも悪くはなさそうです。
それに法人利用を考えれば、
同環境をどこへでも持ち運べるというメリットは大きそうです。

あとはデュアルSim対応ってのも面白いですね。
通話専用とデータ専用両方入れて、
うまく使い分ければ料金もセーブできる可能性があります。

まあ、これも面白い端末ではありますが、
実際に使用するシーンを考えておかないと、
購入しても使いこなせない気がしちゃいますね。

案外ブロガーとかにはいいのかもしれませんが。
これもまた実機レビュー待ちですかねー。

はやく触ってみたいなあ。

Acer スマートフォン :。 スマートフォン のすべての機能、情報、およびレビューをご覧になれます。

ちょっとテストで貼ってます。
今回挙げていないWindows10 MobileのMADOSMAです。

スポンサーリンク

シェアよろしくお願いします!

スポンサーリンク