ついに日本でも『ASUS ZenBook 3』が発売予定であることが発表されました!

asus_zenbook_3_ux390ua_001

みなさんこんにちは、へれんです。

いよいよ私が望んでいたサイズ&クラスのノートPCが出はじめてきました。
前々から出る話はありましたし、すでに似たジャンルでは「Acer Swift」シリーズが発表されていたりしますが、
ようやく**日本向けに『ASUS ZenBook 3』の詳細と発売予定日が発表されました。
今回はこのZenBook3についてスペックなど簡単にまとめていきたいと思います。

この『ASUS ZenBook 3』は1kg以下の軽量PCとしてはかなりハイスペックになっていまして、
最新CPUとなる”Kaby Lake”のCore i5もしくはi7を搭載しています。

ASUS ZenBook 3 のスペック

ZenBook 3
OSWIndows 10
ディスプレイ12.5インチ(1,920 × 1,080)
CPUi5-7200U(2.5GHz)
i7-7500U(2.7GHz)
RAM16GB
内蔵ストレージ512GB(SATA3 SSD)
512GB(PCIE Gen3 SSD)
インターフェイスUSB 3.1 Type-C ×1
オーディオジャック
バッテリー駆動時間約8時間
その他指紋認証
「ASUSミニドック」標準付属
サイズ幅296 × 縦191.2 × 厚み11.9 mm
重さ910g
予想価格i5モデル 139,800円
i7モデル 184,800円

スペックについてはこんな感じになっています。
前述したCPUもさることながら、このサイズとスペックで910gという軽さ!
本当に攻めてきた感じがありますね。
さらにRAMも16GB積んでいますし、諸々のスペック価格帯も考えると、
どう考えてもMacbook潰しでしょう(笑)

おそらく気になる点として、USB Type-Cポートが1つしかないんですが、
どうやら標準でUniversal Dockこと「ASUS ミニドック」というものが付属されるそうで、
これを使うことで、USB-Cや3.0、HDMI、VGA、有線LAN、SDカードに対応できるみたいです。
オプションではなく最初から同梱されてくるってのは好感が持てますね。

ちなみにミニドックはこんな感じ↓
asus_zenbook_3_ux390ua___notebooks___asus_global

あと、ASUSで気になるところといえばキーボードレイアウトなんですが、今回はなんと普通です!
たまに変なことになってたり、エンターの形とか。その問題はクリアされましたね(笑)

asus_zenbook_3_ux390ua_keyboard

ついでに思うところで言えばバッテリー駆動時間だったりするんですが、
まあ8時間も持てば十分でしょうか。軽さと引き換えだと考えれば致し方ないですけど。
とはいえ充電もUSB TypeC行うので、最悪モバイルバッテリーで何とかしのげるかもしれませんし。

と、いうことでまとめます。

今回の機種は個人的にはかなり興味惹かれます!
WIndowsでMacbookみたいな機種が欲しいとか、
WIndowsでしかできないことをやりたい人で軽量それなりスペックが必要な人には
もってこいの機種になるんじゃないでしょうか。

何より標準装備で様々なインターフェイスがついたドックがついてくるのは魅力です。
いちいちお金出して別途買う必要もないわけですし。
あとキーボードも結構いい感じらしいので触ってみたい。

ちなみに発売は10月下旬頃からを予定しているようです。

結局は実機を見てからってことになりそうですが、
軽量かつ不自由ないスペックのWIndowsが欲しい方にはオススメの一台になるんじゃないでしょうか。
ようやく実機を触れるチャンスがやってきそうで嬉しいな。

[参考]
ASUS ZenBook 3 公式

スポンサーリンク

シェアよろしくお願いします!

スポンサーリンク