NokiaのWithings(ウィジングス)ブランドのスマートウォッチ「Withings Steel HR」

Withings_Steel_HR_-_Activity_Tracking_Watch_with_Heart_Rate_Monitoring
みなさんこんばんは、へれんです。

今回はちょっと外してスマートウォッチの話題を提供しようと思います。みなさん使ってます?

というのも私は持ってないんですよね。
Apple Watchがすごくカッケェと思って欲しかったんですけど、実際にはバッテリーの持ちやアプリなど厳しそうでしたので仕方なくスルーしたんです。
まあ正直スマートウォッチである必要もなかったりするわけなんですが、
やっぱ欲しいじゃないですか!(笑

そんなとこで見つけたのがタイトルにある、
“Withings”というメーカーのスマートウォッチ、
「Withings Steel HR」というものです。

このWithingsという会社は、デジタルヘルス製品やウェアラブル端末を扱うフランスの企業だそうで、
今年の4月にノキアによって買収されることが発表されていました。
そしてどうやら正式にノキア傘下に入ったようで、
今回の「Withings Steel HR」は”Withingsブランド”としてノキアが扱うようですね。

それにしてもノキアも頑張ってますね。

Withings Steel HR のいろいろ

このスマートウォッチの特徴などざっくりみていきます。
取り上げるポイントはいつも通り自分の気になったところを中心にしてます。

デザイン

Withings_Steel_HR_002
アナログな感じで結構かっこ良くないですか?
Apple Watchの近未来感も捨てがたいんですが、
一見すると普通に見えるけど、実は違うんだぜ感がたまんないですよね。

ちなみに、スチール製のケースでクロム製の針を採用しているようで、サイズは36mmと40mmの2種類。
文字盤の色は40mmが黒のみだそうですが、36mmは白と黒の2つから選べます。ストラップはいずれも黒のみ。

バッテリー

これは正直驚きました。
何とも最長25日のバッテリー駆動が可能だそうです!
しかも25日を経過しても、省電力機能で心拍計測機能がオフになるものの、時間確認や活動量の計測dわればその後20日間は機能するんだとか。
複雑な機能面では他所に譲るとしても、結構驚異的なバッテリー駆動時間じゃないっすかね。
毎日充電すする必要が出てしまうことを考えれば、
かなりラクで便利だと思います。

心拍測定と活動量計

主な機能としては、光電式容積脈波記録方式によりLEDを用いて心拍(脈拍)を測定しることができ、運動時と平常時を分けて継続的に測定することも可能になっています。睡眠時にも自動測定してくれるとか。
健康管理したりスポーツしたりする人にはいいですよねえ。
私も睡眠時の情報は知りたい。。

Withings_Steel_HR_004

その他、消費カロリーや歩数、距離、睡眠時間、アラーム機能、スマホ通知などを受け取ることも可能になってます。
ちなみにスマホからの通知は、電話の着信とメール&SMS、スケジュールに対応。

無料アプリ「Withings Health Mate」

Withings_Steel_HR_-002
専用アプリでは測定した心拍数や睡眠時の状態などを確認できます。
これについてはよくある感じですが。

うん、かなり欲しくなってきた。

ざっくりとした内容ですけど、無駄な機能を詰め込みすぎず、
シンプルな感じになってるんで個人的には好みなんですよね。

一応、iOSでもAndroidでも対応してるってことなんで、
ほとんどの方の環境で問題なく使用できます。

気になるお値段は36mmモデルが約19,000円、
40mmモデルが約21,000円くらいになります。

で、発売日なんですが、10月頃に発売予定とのこと。
しかし日本での発売はまだ未定!ショック!!

ちなみに心拍測定のないモデルはすでに発売されています。
これもシンプルな佇まいで、こっちもいい感じなんですよ。

輸入しちゃおうかな〜悩んじゃうなー。
私のスマートウォッチデビューはいつになるやら(笑)

【公式サイト】
http://www.withings.com/jp/ja/products/steel-hr

スポンサーリンク

シェアよろしくお願いします!

スポンサーリンク