中国メーカーのLeEcoからハイスペックスマホ「Le Pro 3」が発表されました。

leeco_le-pro-3
みなさんこんにちは、へれんです。

さて今回は中国のLeEcoというメーカーから、
ハイスペックなのに低価格という「Le Pro 3」が発表されました。

今回の「Le Pro 3」は今年のはじめに発売されている「Le Pro 2」の後継機で、
画面サイズは同様で全体的なスペックアップと軽量化、大容量バッテリー搭載で。
しかも安価といいことずくめの機種になっています。

ちなみにこのメーカーは毎回コスパの良いスマホを出してくるようで、
評判もそれなりに良いそうです。

ではさっそくスペックを見ていきましょう。

LeEco Le Pro 3 のスペック

Le Pro 3
OSAndroid 6.0ベース
EUI 5.8
ディスプレイ5.5インチ(1,920 × 1,080)
CPUSnapdragon 821
2.35GHz(core)
RAM4GB / 6GB
内部ストレージ32GB / 64GB
カメラメイン 16MP / サブ 5MP
バッテリー4,070mAh
サイズ縦151.4 x 横73.9 x 厚み7.5mm
重さ175g
価格約24,000円~約45,000円

スペックについてはこんな感じです。
で、でどうやらメモリとストレージの違いで4モデルあるそうです。
組み合わせについては下記のとおり。

  • 4GB + 32GB
  • 4GB + 64GB
  • 6GB + 64GB
  • 6GB + 128GB

値段については、
この中で最も下位の4GB+32GBモデルが約24,000円で、
最上位の6GB+128GBで約45,000円となっています。

これだけのスペックを持ちながら24,000円から、
最高でも45,000円っていうのは破格の値段ですよね。

ちなみにASUSのZenFone 3 Deluxeが、
同じSnapdragon821を搭載しています。

見た目については、どことなくiPhoneに似てる気もします。
そして「LeEco Le Pro 3」にもイヤホンジャックはありません。
個人的にはあまり気にならないところではありますが。

あと注意すべき点として、対応バンドがFOMAプラスエリアや
ドコモのLTEプラチナバンドには非対応
だということです。
通信自体は問題ないんですが、都心部以外だと速度帯も限られてしまうので
ドコモの格安シムを考えているor使っている人には気になるかも。

とはいえ、ゲームしたり動画を見たりする目的での購入を考えている場合、
コスパはかなり良い機種になるため、一考の価値はあると思います。

が、やっぱり日本国内での販売は予定されていないため、
個人輸入もしくはAmazonなどでの並行輸入品を購入する必要があります。

こういういい機種、日本でも増えてくれればいいのにね!

[参考元]
LeMall
LeEco’s Le Pro 3 brings 6GB of RAM and Snapdragon 821 for just $300