「Kaby Lake」と「Apollo Lake」を搭載するChromebookのウワサ

chromebook-logo

みなさんこんにちは、へれんです。

この頃ようやく最新CPUの”Kaby Lake”を搭載したWindowsノートパソコンが登場したり、低コストPC向けの”Apollo Lake”がさりげなくリリースされていたりしました。

しかしいずれにしても、Chromebookではまだまだ搭載機種が登場する気配がありません。
とくに”Kaby Lake”は前々から搭載したやつが出るだろうというウワサは出回っていましたが、
なかなか期待できる情報が見つかってはいませんでした。

ところが今回、海外サイトからようやく”Kaby Lake”を搭載したChromebookに関する情報がリークされました。
さらにオマケとして、”Apollo Lake”世代のCPU(Celeron Nシリーズ)を搭載するChromebookのウワサもあるようです!

ということで、“Kabylake”を搭載する「Chromebook EVE」“Apollo Lake”を搭載する「Google Reef」と呼ばれている2機種について現時点でのウワサを簡単にまとめたいと思います。

Eve と Reefのウワサ

KabyLake搭載のChromebookについては、
参考元によると「EVE」というコードネーム
がつけられているようです。

この機種がタッチスクリーンであることに加え、
ノートPCでありながら「タブレットモード」という呼称があることから、
360度のヒンジあるいは取り外可能なキーボードを搭載している、
コンバーチブルノートPCである可能性を示唆しています。

ApolloLake搭載のChromebookは、「Google Reef」というコードが付けられているそうです。

Geekbenchにその存在があったようで、
リスト上ではPentium Celeron N4200(quad core)で8GBRAMということ。

google-reef-geekbench-browser

参考元をはじめとする海外サイトでは、
この機種を”Chromebook Pixel”のお手頃価格モデルではないかと予想しています。

と、いうのもこれまでのPixelはi5やi7を搭載しているため、
Chromebookの枠を飛び越えるくらい高価格帯になっていました。
そこでGoogleは次期モデルにCeleronシリーズを加えて、
手頃な値段で普及を狙うんじゃないかという考えです。

さらにこの「Reef」ですが、
システムはなんとAndroid 6.0.1を実行しているらしい。

少し前に話題にあがったAndoromeda OSのこともありますし、
そもそも現在ChromeOS上でAndroidアプリが動作するようになりつつあるので、
ChromebookでAndoroidOSが動作するのも不思議ではありませんが。

ということで。。

何かグダグダになってしましましたが、要はまだ確定的な情報がない
あくまでウワサの段階ということです()。

しかし実際にGeekbenchでスコアが出ていたり、
この前のサムスンのChromebook Proのような機種が出たりしてますから、
まあウワサのまま終わるということはないでしょう。

おそらく年末頃から各メーカーが動き出すので、
きっと新型Chromebookも続々と登場してくるはず。

今回の2機種以外にもChromebookの情報が出れば更新したいと思います!

[参考元]
Chromebooks with Kaby Lake, Apollo Lake chips on the way (leaks)

スポンサーリンク

シェアよろしくお願いします!

スポンサーリンク