ついに「EVE V」というWindows搭載2in1タブレットのスペックが公開!

eve_v_image001
みなさんこんにちは、へれんです。

ついに来ました!
前々から当ブログで紹介していた、Surface Proに対抗するために作られたWindowsタブレット、
EVE社が送り出す「EVE V」の最終ハードウェア仕様(スペック)が正式に公開されました!

この機種はSurfaceに負けないスペックを備えて価格を落とし、痒いところに手が届くのを目的に作られています。
そのためsurfaceから乗り換えも狙っていたり。

と、いうことでスペックについてまとめたいと思います。

EVE V のスペックについて

EVE V
ディスプレイ12.3インチ
2,736 × 1,834
IGZO LCD
CPU第7世代 m3 / i5 / i7
RAM8GB / 16GB
内部ストレージ128GB / 256GB / 512GB
外部ストレージmicroSDXC
インターフェイスThunderbolt USB-C ×1
USB-C ×1
USB3.1 ×2
3.5mmオーディオ ×1
カメラメイン 5MP / サブ 2MP
バッテリー駆動時間最大10〜12時間
その他キーボード付きカバー
1024段階感知スタイラスペン対応(別売)
指紋センサー&各種センサー
価格$900〜(約100,000円〜)

こんな感じのスペックです。

ポイントとしては、第7世代CPU搭載もそうなんですが、搭載RAMが8GBからというところじゃないでしょうか。
「EVE V」の最も安価なモデルのスペックを見ると、SurfaceProとm3/4GBRAM/128GBSSDモデルと、ほぼ同じ値段ですので、RAMがプラスになっているのでお得感はあるんじゃないでしょうか。
しかもわずかながらバッテリー駆動時間も伸びていますし、
確かに痒いところに手が届いた感じがします。

毎回気にしているサイズ感と重さについては詳細がなかったので何とも言えませんが、
Surface Pro4と同程度と考えるのが自然かと。

基本構造はSurfaceProを意識して設計されているため、
キーボード付きカバーの挙動などは同じです。
本体にカバーをつけた状態でキーボードを開くとデバイスが起動し、
閉じるとデバイスをスリープにする機能がついている他、
スタイラスペンも1024段階の圧力を感知し、
ペン本体には機能設定可能な2つのボタンもあります。

ちなみにこのスタイラスペンは別売になってますが、
既存のSurfaceProのペンを流用可能です(笑)

なおキーボードもオプションになるようですが、
まだここに触れられていないですね。
とはいえキーボードとスタイラスを買ってもSurface

と、いうことで。

やっと欲しかった機種が出ましたよ!
ただ実物見れるかわからないのが残念ですが。

ちなみに発売は11月21日(現地日程)を予定しているようですので、
販売開始されたらツイートでお知らせでもしようと思います。

また、オプションの仕様については書かれていない部分もあったため、
こちらについては情報が出次第、改めてまとめたいと思います。

早く発売されれないかな、楽しみです。

[参考元]
Eve V 2-in-1 Tablet Final Hardware specifications revealed, to be Launch on 21st November

eve – Revolution starts with you.
スポンサーリンク

シェアよろしくお願いします!

スポンサーリンク