ASUSの2016年冬モデルの「Vivo AIO(オールインワンPC)」が気になる

Vivo_aio
みなさんこんにちは、へれんです。

先日、日本ASUSが発表している2016年冬モデルのシリーズを発表しました。
そのうち、個人的に気になったオールインワン(液晶一体型)デスクトップPCについて書こうと思います。

今回ASUSから発表されたオールインワンデスクトップPCは「Vivo AIO」シリーズで、21.5インチと23インチの2種類となっています。
それぞれ基本はフルHD(1,920 × 1,080)ディスプレイになってます。あとはスペックの違いくらい。

ってなわけで、21.5インチ「V220IAUK」と23インチ「V230ICUK」についてのスペックを比較していきます。

「V220IAUK」と「V230ICUK」

V220IAUKV230ICUK
ディスプレイ21.5インチ
1,920 × 1,080
ノングレア
23インチ
1,920 × 1,080
ノングレア
CPUi3-5005U
2.0GHz(2core)
i5-6400T
2.2-2.8GHz(4core)
RAM4GB8GB
内部ストレージ500GB1TB
外部ストレージSDカードスロットSDカードスロット
インターフェイスHDMI ×1
USB3.0 ×4
USB2.0 ×2
HDMI ×1
USB3.1 ×2
USB3.0 ×4
その他92万画素Webカメラ内蔵
DVDスーパーマルチドライブ
Office Home and Business Premium プラス Office 365 サービス
92万画素Webカメラ内蔵
DVDスーパーマルチドライブ
Office Home and Business Premium プラス Office 365 サービス
サイズ幅520 × 奥行181
× 高さ409 mm
幅571 × 奥行50~200
×高さ442 mm
重さ7.2kg8.4kg
価格91,584円129,384円

2機種のスペックはこんな感じ。
CPU、RAM、ストレージ、USBポートに違いがあるようですね。
ただ同時に発表されたノートPCと違いいずれも最新世代CPUではないのが残念。

どちらもハイスペックとまで言えずそれなりというところ。
ライバルはiMac21インチ非Retinaモデルになりそうですが、スペックの分価格はややこちらの方が安価になってます。

ディスプレイもiMacと同程度のフルHDとなっていますし、価格とサイズのバランスを考えたら23インチの方が個人的にはオススメできそうですね。

またMicrosoft Office Home and Business Premium プラス Office 365 サービスがプリインストールされているので、この価格でオフィスソフトも付いてくると考えれば、Windowsでオフィスソフトが必要ということなら、
下手なノートパソコンやデスクトップ&ディスプレイを買ってしまうよりも良いんじゃないでしょうか。

ということで。

個人的にはもう少し安価なら良かったかなと思ってしまいます。
しかしオフィス付きでフルHD搭載でこの価格というのも貴重な気がします。

ノートパソコンよりも大きな画面が必要な方やディスプレイを単体で持ってないor買いたくない、スペース的に一体型で良いという方には、予算的に釣り合いが取れれば良い機種じゃないでしょうか。
特に23インチの方は個人的にアリな気がします。

ちなみに発売日についてですが、
21インチの「Vivo AiO V220IAUK」は12月上旬、
23インチの「Vivo AiO V230ICUK」は11月26日をそれぞれ予定しています。

[ASUS公式製品ページ]
Vivo AiO V220IAUK
Vivo AiO V230ICUK

スポンサーリンク

シェアよろしくお願いします!

スポンサーリンク