サムスンからガラケー的な折りたたみ式スマホ「SM-W2017」が発表されたようです。

samsung-w2017
みなさんこんにちは、へれんです。
ネタとしては遅くなりましたが、気になる機種なので書きたいと思います。

さて、前回ZTEからも折りたたみ式のスマホが登場したわけなんですが、
今回は中国で発表されたサムスンの折りたたみ式Androidスマホということについて、スペックなどをまとめたいとおもいます。

外観はフューチャーフォンというかガラケーみたいで馴染みある感じ。
またガラホと違いAndroidアプリが動作するためスマホという扱いになるので、
いろいろアプリ入れたい方には良さそう。

SAMSUNG SM-W2017

SM-W2017
ディスプレイ内・外とも4.2インチ
1,920 × 1,080
タッチスクリーン
CPUSnapdragon820
RAM4GB
内部ストレージ64GB
外部ストレージmicroSD
カメラメイン 12MP(4k動画撮影可)
サブ5MP
バッテリー2,300mAh
その他指紋認証機能
dual-SIM
NFC搭載
サイズ縦127.8 × 幅61.4 × 厚み15.8 mm
重さ208g
予想価格$2,960〜
約300,000円〜

スペックはこんな感じです。

とりあえず外観からのイメージはガラケーというかフューチャーフォンなんですが、スペックは違いかなりハイスペックですね。
CPUとRAMもAndroidスマホの上位機種並みですし、ディスプレイも内側外側とも4.2インチで高解像度の有機ELディスプレイを搭載しているってのは珍しいですし。

samsung-w2017-01

それに4k動画撮影や指紋認証まで対応してるのも、
スマホとしてもかなり積んでますよね。
ただ厚みと重さは単画面のスマホに比べるとありますが。

日本でもFreetelから「MUSASHI(ムサシ)」という端末が
似たようなコンセプトで出ていますが、
それと比較するとスペックが段違いですよね。

そして話題を掻っ攫うのがその端末価格。
なんと日本円で約30万円近いお値段がついてます。
これの前機種が約15万円だったりするわけなんですが、
今回の「SM-W2017」は倍になってしまいましたね(笑)

ちなみに中国で発売されるようですが、
日本国内の場合、対応バンド等についてざっくり調べたところ、
一応下記の帯域が対応しているようですね。

  • 3G
    HSDPA 850/1900/2100
  • LTE
    Band 1(2100)、3(1800)

お値段的には現実的ではありませんが、
使おうと思えば使えるので、興味が沸いてしまった方はぜひ如何でしょうか。

[参考元]
Samsung’s W2017 is a high-end flip phone with Snapdragon 820 and 4GB RAM
対応バンドについて参考:Samsung W2017

スポンサーリンク

シェアよろしくお願いします!

スポンサーリンク