中国のジオニーからスマホ新機種「Gionee S9」と「S9T」がTENNA認証を通過したようです。

gionee_s9_and_s9t_clear_tenaa__octa-core_cpu__4gb_ram__and_dual_rear-cameras_-_gsmarena_com_news

みなさんこんばんは、へれんです。

日本ではあまり馴染みのないメーカーですが、
中国のGionee(ジオニー)というメーカーからスマホの最新2機種となる、
「Gionee S9」と「Gionee S9T」がTENNA認証を通過
したようです。
いずれ正式発表となるわけですが、現時点でいくつかウワサもあるので、
今回も両機種の予想スペックについてまとめてみたいと思います。


Gionee S9 と S9T のスペック

S9 S9T
OS Android 6.0 Android 6.0
ディスプレイ 5.5インチ
(1,920 × 1,080)
5.5インチ
(1,920 × 1,080)
CPU 1.8GHz(8core) 2.0GHz(8core)
RAM 4GB 4GB
内部ストレージ 64GB 64GB
外部ストレージ microSD(最大128GB) microSD(最大128GB)
カメラ メイン 13MP+5MPデュアルカメラ
サブ 13MP
メイン 13MP+5MPデュアルカメラ
サブ 13MP
バッテリー 3,000mAh 3,000mAh
その他 指紋認証搭載
DualSIM(nano+micro)
指紋認証搭載
DualSIM(nano+micro)
サイズ 縦154.2 x 幅76.4 x 厚み 7.4mm 縦154.2 x 幅76.4 x 厚み 7.4mm
重さ 166.5g 200.8g

予想スペックはこんな感じ。
かなりハイスペックな気がしますね。
ただOSがAndroidをベースとした独自のOS(UI?)ってのが気になります。

面白いのはサイズは同じで中身もほぼ同じなんだけど、
CPU周りと重さが違うというところ。
バッテリー容量も同じだし、なぜここまで重さが違うのかな…。

ちなみに外観はiPhone+Galaxy+Pixelを3で割ったような仕上がりですね(笑)
そして同様にデュアルカメラの搭載とフロント(サブ)カメラが
13MPと自撮りでも高解像度で撮影ができるのがポイント。

ただこれだけのスペックですので、価格もそれなりな感じがしますが、
まだ具体的な情報は出回っていないため分かり次第追記したいと思います。

とはいえ日本で使えるようになるかは・・・あまり期待できそうにないですかね。

[参考元]
Gionee S9 and S9T clear TENAA; octa-core CPU, 4GB RAM, and dual rear-cameras

スポンサーリンク