「Chromebook Snappy」はLenovoの「Yogaシリーズ」である可能性


みなさんこんにちは、へれんです。

先日ブログでスタイラスペンをサポートするChromebook Snappyのウワサについてまとめましたが、
この件について続報がありました。

Apollolake搭載でデジタイザペンをサポートする、という基本的な構成は変わっていませんが、製造元についての予測が立ってきたようです。

参考元によれば、この「Snappy」という端末について製造元は未だ不明としていましたが、一部のブログやメディアなどでSamsung製の端末を指すのではないかと言われていることに疑問を感じ、
さらに調査を進めたところ「Snappy」はLenovo製のChromebookを指す可能性が高いことに行き着いたようです。


Lenovo YogaBook 「ChromeOS」かも?

9月~10月にかけて、レノボは「YogaBook」のChromeOS版を開発しているというウワサが出回っていますが、今回はそのウワサの後押しとなる情報になるのではないでしょうか。

詳しい流れは参考元サイトを見て頂く方がよいかと思いますが、
ざっくりまとめると今回参考元が見つけた端末情報のなかに「Yogaセンサ」設定に関わる項目が存在していることが要因となります。

このYogaセンサというのは、これまでのChromebookでは、2014年にLenovoがリリースしたYoga ThinkPad Chromebook 11eという端末にしか存在していない独自の設定(=少なくともLenovoの端末でしか使用されない)のため、この情報が正しければLenovo製になると考えたようです。

もちろんコレ以外にもいくつかLenovo製を示す証拠もありますが、必ずしもそうでない情報もあるようです。
しかし「Yogaセンサ」なんていう名前を導入してる以上Lenovoとしか考えられなくなった、ということ。

また、Lenovoは海外で教育分野などから高い評価を得ており、
ビジネスの場でもThinkPadシリーズが良く使われていることから、
今回のスタイラスペンをサポートする新しい端末を提供することで、そのシェアを伸ばそうという考えがあるのかもしれないようです。

ただこれが「YogaBook」のような奇抜な端末になるのか、「Yoga Thinkpad」のような普通の端末になるのかはまだ不明です。

ということで。

まあ話が長くなりましたが簡単にまとめると、
Lenovo独自機能に関する記述が出てきたことで、「Snappy」はLenovo製Chromebookとなる可能性が高いということです。

確かにSamsung製だと考えられなくもありませんが、そもそも「Pro」もまだ発売されてないわけですし、次期機種にしては早すぎますよね。
その他のメーカーといっても、これまでにWindowsなども含めASUSやAcerに関してはスタイラス云々という話はほとんど出てこないですし、まったく別のメーカーにしても同様に聞かないですよね。

Samsung以外にスタイラスペンサポートする機種が増えれば、Androidアプリが活用しやすくなりますから今後のChromebook市場もきっと活発になると思います。

だから日本向けでも機種増やしてくれって感じで。

また情報が出てくればまとめたいと思います。。。

ちなみにYogaBookのWindowsモデルはAmazonなどでも売られてます。

[参考元]
NEW CHROMEBOOK ‘SNAPPY’: LENOVO YOGA THINKPAD W/STYLUS

LenovoもコンバーチブルPC「Yoga 910」とデュアルタッチスクリーン搭載の折りたたみ2in1「Yoga Book」を発表

スポンサーリンク