LGから新しいAndroidタブレット「G Pad 3 10.1」が発売されたようです。


みなさんこんにちは、へれんです。

2014年に初登場したLGの「G Pad 10.1」ですが、
その後継機種となる新しい「G Pad 3 10.1」のLTE対応モデルが発売されたようです。

ただ現時点では韓国国内のみらしい。
もしかしたらいつか国内でSIMフリー機種として登場することもあるかも…?

名前のとおり10.1インチのAndoridタブレット端末となります。
またスタイラスペン付きのモデルも発売予定だそうで、こちらは来年の初め頃を予定しているようです。

ということでスペックを簡単にまとめます。


LG 「G Pad 3 10.1」

G Pad 3 10.1
OS Andorid 6.0 Marshmallow
ディスプレイ 10.1インチ
1,920 × 1,200
CPU 1.5GHz(8core)
RAM 2GB / 3GB
内部ストレージ 32GB
外部ストレージ microSD(最大2TB)
カメラ メイン 5MP / サブ 5MP
バッテリー容量 6,000mAh
サイズ 256.2 x 167.9
x 厚み6.7〜7.9mm
重さ 510g
価格 $360〜

スペックについてはこんな感じ。
価格といいバランスの取れた端末な感じですね。

また面白いことにタブレット本体にキックスタンドがついているようで、最大70度まで調整が可能だそうです。
さらに独自機能として、「タイムスクエア」というUXが導入されており、卓上時計や卓上カレンダー、デジタルフレームとしても使用できます。
このあたりが韓国的な発想という気がしますが。

ただ冒頭でも少し触れましたが、
日本国内での発売は未定、というかまだ韓国国内でのみ販売という形になっているため、
対応バンドなどについてもまだ確認ができていません。

とはいえ、この価格帯で日本国内に入ってくれば、選択肢がいろいろと増えますのでメーカーとしてもチャンスがありそうな気がしますけどね。

これも今後の情報が出次第、追記していこうと思います。

[参考元]
LG launches new G Pad III 10.1 tablet with octa-core CPU, 5MP front camera

スポンサーリンク