サムスンのChromebook新機種は「Pro」と「Plus」の2モデルになるようです。

みなさんこんにちは、へれんです。

待ちに待ったサムスンのChromebook新機種ですが、
ようやくCES2017で正式に発表となったようです。

ただ意外なことに、当初想定されていたモデルだけでなく、
CPU違いの端末「Plus」もリリースされるということ。
価格とCPUの違いだけで、後は同じという不思議構成だったりもします。
ちなみに前に書いたProの記事で不足分がありましたので、改めてスペック表に追加しています。

ってなわけで、改めて「Chromebook Pro」と「Plus」の公表されたスペックをまとめていこうと思います。


Chromebook Pro & Plus

Chromebook Pro Chromebook Plus
ディスプレイ 12.3インチ(2,400 × 1,600)
タッチスクリーン
12.3インチ(2,400 × 1,600)
タッチスクリーン
CPU m3-6Y30
0.90-2.20GHz(2core)
Cortex-A72(2core)
Cortex-A53(4core)
RAM 4GB 4GB
内部ストレージ 32GB eMMC 32GB eMMC
外部ストレージ mircoSDカード mircoSDカード
インターフェイス USB-C ×2 USB-C ×2
バッテリー駆動時間 最大10時間 最大10時間
サイズ 横約30cm × 縦約22cm
× 厚み約1.4cm
横約30cm × 縦約22cm
× 厚み約1.4cm
重さ 約1.08kg 約1.08kg
価格 $499〜(約52,000円〜) $449〜(約47,000円〜)

スペックについてはこんな感じ。
書いてて思いましたが、違いは本当にCPUと価格だけです。

海外ではCPUの違いによるバッテリー駆動時間などへの影響について話題になっていますが、
公表されている情報では大きな差はないとしているようです。

いずれにしても扱いやすそうなChromebookであることは間違いありませんが、
実際の動作を見てみないとどっちがオススメかは現時点ではなんとも。
とはいえ$50程度の差ならm3モデル選んだ方が幸せになりそうですが。。

ちなみに今後Androidアプリへの対応も予定されているようなので、
タブレットライクに使うことを考えている方にもちょうど良さそうな1台となりそうです。

発売は2月12日以降となっているようなので、気になる方はいまのうちからチェックしておくほうがいいでしょう。
いろいろリスクのありそうなSamsung製ですけど、この機種はかなり欲しいなあ。

[参考元]
SAMSUNG CHROMEBOOKS PRO AND PLUS DEBUT AT CES LAS VEGAS

スポンサーリンク