Dellから4K27インチオールインワンデスクトップ「new XPS 27」が出たようです。

みなさんこんにちは、へれんです。

さて、先日HPの大画面オールイワンPCを紹介しましたが、
今回はDellから登場した「new XPS 27」という27インチディスプレイのオールインワンデスクトップパソコンについて取り上げてみます。
ってか最近はnewをつけるの好きね。

このところはiMacを狙ってHPやMicrosoft、ASUSなんかも出していましたがDellも追ってきましたね。
もちろん4Kディスプレイを搭載していることに加え、なんと10個のスピーカーを搭載しているんだとか!
あんまり音に拘ってないワタシとしては多すぎる気も(笑

ちなみにディスプレイへのタッチ対応、非対応の両モデルがあるようです。
ってなところで肝心の本体スペックをまとめていきたいと思います。


Dell new XPS 27

new XPS 27
ディスプレイ 27インチ
3,840 × 2,160
タッチ対応・非対応モデルあり
CPU i5-6400 3.3GHz(4core)
i7-6700 4.0GHz(4core)
グラフィック AMD R9 M470X(オプション?)
RAM 最大32GB
オプションで64GBも可能?
内部ストレージ 1TB SSD
2TB SSD + 32GB M.2 SSD
[オプション]
512GB M.2 SSD
1TB M.2 SSD
外部ストレージ SDカードスロットあり
インターフェイス USB-C(Thunderbolt 3) ×2
USB3.0 ×5
HDMI ×1
ヘッドホンジャック
Ethernetコネクタ
オーディオ出力
価格 $1,499〜(約170,000円〜)

スペックについてはこんな感じになってます。
オーディオ(や他の何かに)力を入れていとスペックは2の次にされがちですけど、
さすがにXPSと名乗るだけあって、オールインワンPCとはいえ文句ないレベルに仕上がってますね。

このスピーカーについても気合入れてるみたいで、

  • 中低音をカバーする4つのスピーカー
  • 各コーナー専用のトゥイーター
  • 2つのダウンファイア、フルレンジスピーカー
  • 1組のパッシブラジエーター

を搭載しているようです。
(あんまり詳しくないのでそれが何かわからな…)

また、このディスプレイ部分(というかスタンド部分)は関節式になっているため、
フラットな形状に倒すことができるそうです。
この辺はすでに発売されているSurface Studioみたいな挙動だと考えれば良さそうです。
ただ、タッチパネル搭載モデルになると重さが17kgになるようなので、
少し動かすのは大変かも(非タッチモデルは13kg)。

ということでまとめ

とにかくこの「XPS 27」というPCはオーディオに力を入れている機器、というところに尽きます。
これまでに発表されている各メーカーのオールインワンデスクトップとは目のつけどころを変えてきましたね。
どれくらいユーザーに受け入れられるかはさておき、面白い製品だと思います。

もちろん基本的なスペックも疎かにしていませんし、
価格的にも高すぎることはなく、一体型デスクトップPCを探している人で、
よく動画を見たり音楽を聞いたりするような方にはちょうどいい一台じゃないでしょうか。

販売については、最もベーシックなモデルはすぐ開始されるそうです。
ちなみに海外でのオススメ仕様は$2,000(約22万円)のモデルだとか。
これの発売はまだだそうですが、今後のオールインワンPCの選択肢としてアリだと思います。

[参考元]
Dell puts 10 speakers inside new XPS 27 all-in-one PC

スポンサーリンク