ついに中国でNokiaの新機種「Nokia 6」のプレスリリースが発表されました!

みなさんこんにちは、へれん(@Helen_Tech)です。

本当、何が何やらで情報が錯綜しまくりのNokiaブランドAndroidスマートフォンでしたが、ようやくHDMがプレスリリース発表を行ったようです。

今回発表された機種は「Nokia 6」と呼ばれるAndroidOS搭載の5.5インチスマートフォンとなります。
スペックから想像するに、以前リークされていた「Nokia D1」という機種のアップグレードされた亜種と考えれています。
中国内での発表のため、おそらくアジア向け(日本は除く)になっているようですが、中身からするとグローバルモデルのリリースも期待されます。

ちなみにHMDが製造を行っていますので、Nokiaブランドのスマートフォンという位置づけに変わりはありません。

ということでスペックをまとめていきます。


HMD Nokia 6

Nokia 6
OS Android 7.0 Nougat
ディスプレイ 5.5インチ
1,920 × 1,080
CPU Snapdragon 430
1.4GHz(8core)
RAM 4GB
内部ストレージ 64GB
外部ストレージ microSD
カメラ メイン 16MP / サブ 8MP
その他 デュアルSIM
指紋認証
バッテリー容量 3,000mAh
価格 $245
約27,000円

現在明らかになっているスペックについてはこんな感じ。
CPUはスナドラ430とやや控えめですが、RAM4GBあるので、
ゲームなどをゴリゴリやらなければ十分なスペックとなっています。
日本国内で430搭載している機種として、ZenFone 3 Laserがありますので、
動作感などはそれを触ってみるのがいいかも。

ネットワーク等はLTE対応、とわかっているだけでバンドの詳細は不明です。おそらくグローバル版は遅れて出て来ると予想されます。

ちなみに本体外観はアルミ素材で作られています。
あとスピーカーにも少々手を入れているようで、
スマホの割にいい音が出るみたいです。

ということで。

ようやくNokia復活の兆しが見えてきたと言うべきか。

これまでにいろいろな情報がリークされて、いろんな機種についてのウワサが出回ってきましたが、HMDから今年はAndroidスマートフォンを6~7台リリースするという話があるようなので、結局どれも出てきそうというところです。

その中でもこの「Nokia 6」は価格的にも3万円を切ってますし、スペックやサイズ的にも扱いやすいバランスの取れた機種になっています。
というかこの機種はそういう位置づけなんでしょうけど。

なお発売は今年の初旬(おそらく2月くらい)を予定しているようですが、
まずは中国国内での発売になるそうなので、グローバル版が出るとすればそれ以降になりそうです。

今後もNokiaの新機種については情報があれば更新していきます。

[参考元]
Nokia’s first Android smartphone is now official in China

スポンサーリンク