ASUSから5000mAhのバッテリーを搭載したスマホ「ZenFone Pegasus 3S」が発表されました。

みなさんこんにちは、へれん(@Helen_Tech)です。

先日のCES2017では、ASUSからスマホも3種類発表されています。
当ブログでも取り上げている「ZenFone 3 Zoom」やスルーした「ZenFone AR」、そして今回取り上げる**「ZenFone Pegasus 3S」*の3種類。

で、この「ZenFone Pegasus 3S」ですが名前のとおり「Pegasus 3」の後継モデルとなりまして、バッテリー容量の大型化やカメラの高性能化、デザインの改善などが実施された機種になります。

ということで「ZenFone Pegasus 3S」スペックなどをまとめて行きたいと思います。


ASUS ZenFone Pegasus 3S

Pegasus 3S Pegasus 3
OS Android 7.0 Android 6.0
ディスプレイ 5.2インチ IPS
1,280 × 720
5.2インチ
1,280 × 720
CPU MediaTek MT6750
1.5GHz(8core)
MediaTek MT6737
1.3GHz(4core)
RAM 3GB 2GB / 3G
内部ストレージ 32GB / 64GB 16GB / 32GB
外部ストレージ microSD(最大2TB) microSD
カメラ メイン 13MP(Sony IMX258)
サブ 8MP
メイン 13MP(
サブ 5MP
その他 デュアルSIM
指紋認証
デュアルSIM
指紋認証
バッテリー容量 5,000mAh 4,100mAh
価格 $290(約31,000円) 約21,000円

スペックについてはこんな感じです。
CPU周りもアップグレードされていますし、カメラもメイン(バック)カメラは画素数はそのままですがソニー製のセンサを導入して高性能化しています。
サブ(フロント)カメラも5MPから8MPにアップされているので、自撮りする人にも嬉しいアップグレードですね。

カメラ周りのスペックアップをしている影響か、内部ストレージも基本モデルで32GBと容量が多くなってますし、microSDも最大2TBまで対応と、スマホのカメラを使って撮影する方には有り難い仕様変更じゃないでしょうか。

また搭載されているバッテリーも5,000mAhとスマホとしては大容量な部類。公式の話では、「2日間使用できる / 30日間のスタンバイ時間」を実現したとか。
あとは高速充電に対応していて、この容量を活かした外部給電も可能だそうです。

ということでまとめ。

ASUSの機種もすべてが日本国内でリリースされるわけではないので何とも言えませんが、このPegasus3Sはなかなかいい機種に仕上がってるんじゃないでしょうか。

現時点では発売日等は未定なようですが、スマホとしての機能はある程度欲しいけど、よくスマホで写真撮影するので肝心なときにバッテリーが切れても困る、という方にはちょうど良い1台だと思います。

[参考元]
Asus ZenFone Pegasus 3S with Sony IMX258 camera and 5,000 mAh battery launched

スポンサーリンク