大容量バッテリーのスマホといえば「Lenovo P2」も気になる。

みなさんこんばんは、へれん(@Helen_Tech)です。

先ほど大容量バッテリーがウリのASUS ZenFone Pegasus 3Sの記事を書きましたが、すっかり忘れていた1台がありました。

それが今回紹介する、Lenovo(レノボ)の「Lenovo P2」というAndroid搭載のスマートフォンになります。

この機種もほぼ同様の5,100mAhという容量のバッテリーを搭載しており、
公称値ではスタンバイ状態で32日間バッテリーが持続し、連続通話時間も約78時間というとてつもないバッテリー駆動時間を持っています。

ということでこのLenovo P2についてのスペックなどまとめておきます。


Lenovo P2 Smartphone

Lenovo P2
ディスプレイ 5.5インチ AMOLED
1,920 × 1,080
CPU Snapdragon625
2.0GHz(8core)
RAM 3GB / 4GB
内部ストレージ 32GB / 64GB
外部ストレージ microSD
カメラ メイン 13MP / サブ 5MP
その他 microUSB
指紋センサー
ネットワーク 【LTE】
1/3/4/5/7/8/20/28/38/40
【3G:WCDMA】
850/900/1900/2100 MHz
サイズ 縦153 x 横76 x 厚み8.3 mm
重さ 177g

スペックはこんな感じです。
昨年の11〜12月にはヨーロッパで発売開始されているようで、
価格もおよそ30,000円程度とかなりお買い得な機種になっています。

搭載されているCPUもZenFone3と同様のSnapdragon625ですので、
動作性についてはまずまずの評判というところ。
RAMも3〜4GB搭載していますし、ミドル〜ハイスペックに位置するこの機種ですが、お値段を考えればやはりバランスのいい機種だと思います。

ちなみにPegasus3Sとの違いに触れておくと、
あちらは5.2インチHD(1,280×720)でCPUがMT6750とやや劣りますが、カメラ性能やmicroSDの対応容量などに分がありますので、スマホで写真撮る人向きだといえます。
対してこのLenovo P2は、5.5インチフルHD(1,920×1,080)でスペック的にはやや上回るので、どちらかといえばゲームをメインで考えている方には良いんじゃないでしょうか。

ということでまとめ。

とはいえ、どちらもまだ日本での販売予定などは不明ですので、ほしいと思っても輸入に頼らざるを得ません。
一応、対応バンド的には日本でも問題なく使用できます(ドコモ回線)。

最近の海外でリリースされるスマートフォンの傾向から考えると、
30,000円前後でミドル〜ハイスペックの機種が増え、カメラなどプラスαの部分で勝負を仕掛ける流れになっているみたいです。

今後もこういうタイプの機種が増えてくると思いますし、日本国内向けでもきっと出てくるんじゃないかなあ。
これからも情報が出てくれば、更新していきたいと思います。

Lenovo P2 Smartphone @Lenovo公式(英語)

スポンサーリンク