Huaweiが新しい「Huawei P8 Lite (2017)」を発表したようです。

みなさんこんにちは、へれん(@Helen_Tech)です。

最近日本国内でも調子の良い中国のHuawei(ファーウェイ)ですが、
EUで5.2インチフルHDの「Huawei P8 Lite (2017)」モデルを発表しました。

同名のモデルは2015年にすでに発売されていますが、
今回はそれのスペックアップ版と考えて差し支えない感じです。

そもそもなぜP8Liteなのかということですが、
どうやら当時人気機種だったので、ネームバリューにあやかりたかったというウワサです。

ということで、5.2インチフルHDの「Huawei P8 Lite (2017)」モデルについて、
現状公開されているスペックなどを2015モデルと比較して紹介していきます。


Huawei P8 Lite 2017 / 2015

P8 Lite 2017 P8 Lite 2015
OS Android 7.0 Nougat Android 5.0 Lollipop
ディスプレイ 5.2インチ IPS
1,920 × 1,080
5.0インチ IPS
1,280 × 720
CPU Kirin 655
2.1GHz(8core)
Kirin 620
1.2GHz(8core)
RAM 3GB 2GB
内部ストレージ 16GB 16GB
外部ストレージ 不明 microSD
カメラ メイン 16MP
サブ 8MP
メイン 13MP
サブ 5MP
バッテリー容量 3,000mAh 2,200mAh
価格 約31,000円 約29,000円

2017と2015モデルのスペックについてはこんな感じ。
ご覧のとおり、2017モデルは全体的にスペックアップしていますね。

ミドル〜ハイの中間くらいに位置するスペックですので、
普段使い以外にもある程度のゲームなどは問題なくできる感じですね。
あと、指紋スキャナを背面に搭載しています。

個人的に嬉しいのはバッテリー容量が大きく増加しているところかな。
ただ画面サイズや解像度も増えているので、どの程度の消費電力かにもよりますが、
多少は持ちが良くなっていることが期待できそうです。

価格についても大きく変化はありませんから、バランスの良い端末になりそうです。
ちなみに見た目は同HuaweiのHonor 8っぽい感じに仕上げているようです。

ということでまとめ

発売については、ヨーロッパで1月末からの予定になっています。
日本国内で出てくるかどうかはわかりませんが、すでにP9 Liteが出回ってますし、確率は低そうな気がしますけど。

Huaweiはコストパフォーマンスの良い機種を出してきますし、
やっぱり30,000円台というのは買いやすいですからね〜。

個人情報のイザコザなどはありますけど、
性能とお財布事情を考えるならHuawei端末はオススメですね。

一応、AmazonでHuawei P9 Liteが買えますので参考に。

Huawei announces P8 Lite (2017) with 1080p screen, Kirin 655

スポンサーリンク