【GearBest】実際の購入の流れあれこれ

みなさんこんばんは、へれん(@Helen_Tech)です。

さて、これまでにGearBestで買い物をするためにやっておくことをまとめてきました。
そしていよいよ最後に実際の購入の流れについて紹介していきたいと思います。

ちなみに、すでに紹介している記事はこの2つです。
【GearBest】お買い物の前にアカウント作成(ユーザー登録)をしよう!
【GearBest】購入の前にやっておくと楽なことが2つあります

ということで進めていきますね。


商品の探し方

基本的にはAmazonや楽天などと同じです。
各ページ上部にある検索ボックスから製品名やメーカー名を入れて検索。
もちろん各メニューからお探しの製品ジャンルを選びながら絞り込む、ということもできます。

このあたりはよくある通販サイトと同じですが、”英語”ですのでお気をつけて。

カートに入れてから購入手続きまで

当たり前ですが。まずは買いたい製品を選びます。
その前に製品ページの簡単な見方を説明しておきます。

商品ページの見方

当ブログでは取り上げることの多いスマートフォンのページを例に挙げます。

画像にもコメント入れましたが、ざっくり上から説明していきます。

  • 製品名
  • 簡単な説明
  • 評価
  • 倉庫オプション(発送される場所)。場所によって日本発送不可もあり
  • 発送時期 : 間違いやすいですが到着日じゃなく発送される日です
  • セール残り時間と価格
  • 残り在庫数
  • 個数選択
  • 色やスペックなどバリエーションがあれば選択できるボタンがあります
  • 輸送コストについて(だいたい輸送費は無料ですが)
  • カートに入れる / お気に入り追加

大体こんな感じの項目になっています。
基本的には、カラーやスペックを選んで「Add to Cart」すればOKです。

カートに追加する

ということで、購入したい製品を見つけたら、
それぞれの各製品ページで「Add to Cart」ボタンがありますので、それをクリック。

右上にあるカートのカウントが増え、カート内に入ります。

カートでクーポンコードを適用

そして支払画面に行くためには、”Cart”にマウスを合わせて、
「View My Cart」というボタンをクリックします。

そうするとこんな画面へ。

ここでクーポンを利用することができます。

クーポンの利用方法はとても簡単で、
後ほどアップするクーポンコード紹介ページのなかから、
該当する製品のコード部分を”Promotion Code”と書いてあるエリアに貼り付けて、「Apply」を押すだけ。

ただここで注意が必要です。
実はすでにセール価格になっていた場合、クーポン利用で逆に高くなってしまうことがあります!
さすがにセール価格から値引きは無理ですよねえ、ここだけ気をつけてください。

そして金額もOKなら製品の左側のチェックボタンを入れて、
「Proceed to Checkout」をクリックします。

送り先の住所選択

ここれでは先程紹介している【GearBest】購入の前にやっておくと楽なことが2つありますのなかの住所登録を済ませていれば、
選択して「Place your Order」をクリックするだけです。

もし送り先を変えたい場合は、別途入力することもできます。

配送方法と決済の選択

こちらの画面では、配送方法や決済を選択できるわけなんですけど、
商品によって配送のタイミングが違ったり、配送方法が限定されている場合もあります。

ここについては下記のブログがより詳細に書いていますので、そちらをご覧いただければと思います。
海外通販ガイド: GearBestでの購入の仕方 @メモ置き場のブログ

個人的には配送方法は有料ですけどExpedited Shippingがいい気がします。。
無料の方でも早いことはあるみたいですが、こっちのほうがいまのところ良いかな。

そして決済の方法ですが、「クレジットカード」、「Paypal」が選択できます。
ここについては、海外通販であることから不安もあるでしょうから、
購入者への保護サービスがある「Paypal」を使うほうが安心で良いかと思います。

いずれにせよ、決済方法を決めて画面下部の「Place your Order」をクリックすれば、
各支払方法によって決済画面が表示されますので、必要事項を入力して決済した後に、
注文完了メールと支払い完了メールが届く、という流れになります。

正直なところ他の参考サイトを見て頂いたほうがしっかり書いていますね(笑)

ということで購入の流れは終わり。

ざっくりと流してきましたが、全体像はつかめたでしょうか?

海外サイトでの購入は最初抵抗ありますが、
いまは翻訳サービスがあたり、簡単に円表示できたり、
決済も手軽でしかも保護サービスもついていたりしますから、
以前に比べ遥かに敷居が低くなっていると思います。

日本では欲しい端末がなくてお悩みの方や、
興味があっていろんなガジェットを手に入れたい方はぜひ海外通販にもチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

GearBestトップページ

スポンサーリンク