日本Acerから15.4インチChromebook「CB3-532-FF14N」が法人、教育機関向けで発売されるようです

みなさんこんばんは、へれん(@Helen_Tech)です。

先に一言。
違う、これじゃない!
とはいえ新しいChromebookが出て来ることはいいことですので。。

今回発売されるのは15.4インチのフルHDディスプレイを搭載したChromebookになります。
どうやら日本国内だとAcerからこのタイプは初めて出るんですね。。
別に悪いことではないんですけど、日本で出す機種はなんでこんなのばかりと思ってしまうわけでして。

ということで、まずは「CB3-532-FF14N」のスペックなどまとめていこうと思います。


Acer Chromebook CB3-532-FF14N

CB3-532-FF14N
ディスプレイ 15.4インチ IPS
1,920 × 1,080
ノングレア液晶
CPU Celeron N3160
1.60-2.24GHz(2core)
RAM 4GB
内部ストレージ 32GB
外部ストレージ SDカード
インターフェイス USB3.0 ×2
HDMI ×1
バッテリー駆動時間 最大12時間
サイズ 幅383.0 × 奥行256.0 × 厚み24.2 mm
重さ 約1.95kg

スペックについてはこんな感じです。
Chromebookとしてはいたって普通の構成ですね。
ただディスプレイサイズなりに解像度がフルHDになっているというところ。

持ち運びに不便な図体ですけど、バッテリー駆動時間が最大12時間持つってのもすごいですけど。

ということでまとめますが。

ただやはり、Chromebookを追って来ている人からするとコレじゃない感じがある気がします。
それに価格がオープン価格となっているため、実売であまり高い値段でも手を出しにくいですし。

しかし、確かに画面サイズと解像度が上がったことで、作業領域が増えましたし、マルチタスクや仮想化環境なんかでも利用しやすくなったと思います。
学校や企業なんかに向けてということであれば、価格次第ですけどChromebookの普及モデルとしては無難で良さそうですね。

というか現状で大型ディスプレイでフルHDのChromebookはこれくらいか。。

ちなみに発売は2月20日からの予定となっています。
Chromebookの導入を考えてる法人、学校関係の方がいるようでしたら、現状では国内で入手できるものとしてはアリだと思います。

個人的にはもうちょっとChromebookのラインナップ増やしてくれれば流行りそうなんですけどね。
今後の展開に期待です!

[参考元]
エイサー初 15.6型フルHD Chromebook「CB3-532-FF14N」を法人・教育機関向けに2月20日(月)より発売開始

スポンサーリンク