「SG116j」というビックカメラ限定のWindowsノートパソコンが気になるけど…

みなさんこんにちは、へれん(@Helen_Tech)です。

ふらふらとニュース見てたら気になったので取り上げちゃいます。
この「SG116j」という機種は、旭エレクトロニクスがビックカメラグループ限定で販売する11インチノートパソコンで、Windows10を搭載しています。

先に言ってしまうと、スペックについてはボチボチな感じはありますが、ディスプレイ解像度が11インチでは珍しいフルHDであることと、重さも1,029gと1kgをわずかに超える程度に収まっていることは素晴らしいんですよね。
ただ残念ながらバッテリー駆動時間が最大3.5時間となっているため、モバイルさせたいのかなんなのかわからない端末になってる気がします。

てなわけで、まずは「SG116j」のスペックについてざっくりとまとめていきます。。


旭エレクトロニクス SG116j

SG116j
OS Windows10
ディスプレイ 11.6インチ IPS
1,920 × 1,080
CPU Atom x5-Z8350
1.44~1.92GHz(4core)
RAM 4GB
内部ストレージ 64GB
外部ストレージ microSD
インターフェース USB3.0 ×1
USB2.0 ×1
miniHDMI
ヘッドフォンジャック
サイズ 幅300 × 奥行201 × 厚み24.2mm
重さ 約1029g
価格 49,800円

スペックについてはこんな感じになっています。
CPUは昨年登場しているますし、比較的最近のノートパソコンや2-in-1タブレットにも搭載されているAtomのZ8350を積んでいます。
ひと昔に比べればかなり良くなっているとはいえ、画像や動画編集をガッツリやるには力不足ですので、ブラウジングやメール、文書作成など軽めの作業を考えている人向きですね。

ディスプレイについては良いんじゃないでしょうか。
実際の使用感を見ないとわからないですけど、11インチでIPSのフルHDはとても魅力的です。

その上本体の重量は1,029gですからね!
やや厚みはありますけど、持ち歩くには良い重さです。

が、しかし。

ディスプレイや重量と引き換えなんでしょうか、
バッテリー駆動時間が最大3.5時間となんとも頼りない数値なんですよ。
ここはせめてもう少し欲しかった・・・。

そのためモバイル用途にするにはかなり不安ですし、
かといって家置きに使うにも中途半端な印象を受けてしまうんですよね。

とはいえ価格は税抜50,000円以下ですので、
HD(1,366×768)の変なPC買うよりはいいのかな。

ということで。

何かを得るためには何かを犠牲にしないと…と感じてしまう端末です。

単体でモバイル用途と考えるときついかもしれませんが、電源を持ち歩けば・・・。
そうすると重量が軽い意味があんまりないですか。

悪い点ばかり出てしまいましたが、惜しいというかバッテリーさえなんとかなれば。。。、

とはいえ、持ち歩くというか移動するには便利ですので、
家置きでも部屋を移動して使う場合であったり、
旅行や外出先で電源を確保して使うという場合などには軽い方がいいので、
これはこれでありなのかもしれません。

どんな端末か気になった方は、ビックカメラの通販ページにありますのでよければ。

11.6型ノートPC ブラック SG116jBK (2017年2月モデル)【ビックカメラグループオリジナル】

スポンサーリンク