フランスのスマホメーカーWikoの「Tommy」が気になる

みなさんこんばんは、へれん(@Helen_Tech)です。

今回は日本に新規参入してきたフランスのスマートフォンメーカー「Wiko」が第一弾としてリリースする「Tommy」という機種を取り上げてみます。

調べてみたところ2011年にフランスのマルセイユで創設されたばかりの新しいメーカーのようです。
フランスではいくつか機種やアクセサリをリリースしていますが、今回の「Tommy」もすでに発売されている機種のようでしてが、改めて日本向けとして出してきたというようです。

ということで「Tommy」のスペックについてまとめていこうと思います。


Wiko Smartphone Tommy

Tommy
OS Android 6.0
ディスプレイ 5インチ IPS
1,280 × 720
CPU Snapdragon210
1.3GHz(4core)
RAM 2GB
内部ストレージ 16GB
外部ストレージ microSD(最大64GB)
カメラ メイン 8MP / サブ 5MP
バッテリー容量 2,500mAh(取り外し可能)
サイズ 縦145.9 × 幅71.5 × 厚み8.9 mm
重さ 145g
価格 約14,800円

スペックについてはこんな感じです。
エントリーレベルのスマートフォンという扱いですが、
価格もそれに見合ってお求めやすくなっています。

重いゲームなどするには厳しいでしょうが、
普段使いするには問題なさそうな感じですね。

ディスプレイは5インチでHDですけど、IPS方式を採用していますので、
くっきりキレイで見やすくなっているはずです。

上記にネットワークは書いていませんけど、
ドコモ回線の場合、LTEは1、3、9に対応しており、
3Gは1、6(FOMAプラスエリア)となっていますので、
ドコモ回線で利用する場合には、国内で流通している機種と何ら変わりなく使用できますね。

少々気になるところとすれば、バッテリー容量が少ない気がします。
ただバッテリーは取り外し可能ということなので、
ヘタレたら交換できるというところは好感が持てます。

あと嬉しい所でいえば、カラーが6種類と背面カバーの質感が2種類あるところでしょうか。
ざっくり、黒・アカ・グレー・ブルーグリーン・イエロー・ピンクの色があって、
質感はソフトタッチなカバーと皮使用の2種類になっているようです。
この辺は実物見ないとなんとも言えませんが。

そして日本向けで出てくる機種としては低価格なところも嬉しいです。
なぜか日本で発売するときには高くなりがちなんですけど、
この「Tommy」は14,800円(税抜)と結構お買い得なんですよね〜。

ということでまとめ

実はまだ低価格で電話とメール(LINEなど)、マップとニュースが見れれば良いくらいのスマホを探していたんですよね。
AlcatelのShine Liteにしようかと思っていた矢先、「Tommy」が発売されるようなので、
ちょっと実機を触って見てどうするか考え直すことにしようかな。

てなわけで、値段を抑えて必要最低限の機能が欲しい、あまりゲームとかしないし、という方にはちょうどいい機種になりそうな予感です。

ちなみに発売は2月25日を予定しているようです。

とりあえず実機触りたい!

[参考元]
Tommy @WIko.jp公式サイト
1万円台スマホTommyで仏Wikoが日本参入。ポップな6色展開にVoLTE対応、2月25日発売

スポンサーリンク