「Blackberry Mercury DTEK70」改め「KEYone」がいよいよ発表に!

みなさんこんばんは、へれん(@Helen_Tech)です。

さあいよいよ来ましたね、我らがBlackberry新機種発表の時が!
いよいよ今夜のMWC2017で正式に発表されます。

この機種は皆さんご存知のとおり、QWERTY物理キーボードを備えたBlackberryらしい一台です。
事前に画像などは出回っていましたが、
一定以上のスペック情報や正式名称などはまだ確定していませんでした。

今回の正式発表にあたり、スペックの詳細は明らかになっていきますが、
現時点でもある程度見えてきています。
そして気になっていた名称なんですが、「Mercury」でも「DTEK70」でもなく、
「Blackberry KEYone」と呼ばれるようです。
思い切った感じがしますね・・・。

また、ようやくその内容も少しずつ明らかになってきているというところ。
待ちに待った感じです、本当に楽しみにしてました。

ということで、Blackberry KEYoneのスペックについてまとめていきたいと思います。


Blackberry KEYone

KEYone
OS Android 7.1.1 Nougat
ディスプレイ 4.5インチ
1,620 × 1,080
アスペクト比 3:2
CPU Snapdragon 625
2.0GHz(8core)
RAM 3GB
内部ストレージ 32GB
外部ストレージ microSD(最大2TB)
カメラ メイン 13MP
IMX378センサ(sony製)
サブ 8MP
インターフェイス USB Type-C
バッテリー 3,505mAh
QuickCharge3.0
サイズ 縦149.1 x 幅72.39 x 厚み9.4mm
重さ 180g
価格 $549以下?

スペックについてはこんな感じ。
正式発表後にスペックシートを埋めていきます。
それにしても「KEYone」とはまさかの名前ですよね(笑)

とはいえこの時点で、リーク時の情報とほぼおなじですね。
バッテリーについて新たにわかったというところでしょうか。

使用しているCPUはミドルレンジクラスのものですし、
おそらくRAMは3GBになるかと考えれば、ゲーム用途のスマートフォンではありませんから、
ビジネスや普段使いのものとしては十分なスペックを備えているといえます。

また、今回の機種にはトラックパッドはついておらず、
「Passport」のようにキーボードにタッチジェスチャーに反応して、
キーボードをトラックパッドのように使うことができます。
もちろん各キーを利用したショートカットもあります。

予想に反したところといえば、まさかOSにAndroid7.1を積んできたところでしょうか。
とはいえ最近のBlackberryは、DTEKシリーズでも謳っているようにセキュリティ対策に力を入れているようですから、最新のOSを積むことでデメリットを回避しているということなのかな。
さらにDTEKのようにセキュリティアプリが入っているようですし、”よりセキュアな端末”を目指しています。

ちなみに販売価格はおおよそ$549(約56,000円)以内に収まると予想されています。

ということでまとめ

おそらくBlackberry好きの方なら、AndroidOSに抵抗なければ一度は使ってみたい機種になりそう。
私はClassicから入ったニワカなユーザーですけど、Blackberryの渋さに惚れてしまったので、
発売されたらおそらく買うことになるでしょう(笑)

ビジネス利用としても良いでしょうし、
Androidになったことで利便性も増したので一般ユーザーにも受け入れてもらえると思います。

気になる発売については、4月頃と予想されているようです。
本当、これ欲しいわ。。。

スペックの詳細などが明らかになったら、追記していきたいと思います。

2017/02/26 追記

スペックシートに追記しています。

[参考元]
BlackBerry Mercury is now official, aptly named KEYone

スポンサーリンク