「UMiDIGI Z Pro」という5.5インチの中華スマホが気になる。

みなさんこんばんは、へれん(@Helen_Tech)です。

先日「UMi Diamond X」というスマートフォンについてレビューを書きましたが、
今回紹介する機種も同じメーカーのフラッグシップモデルとなります。

ちなみに品名というか製品名に”UMi”や”UMiDIGI”が混在していますけど、どうやら”UMi”が正式な社名のようです。

さて、今回のフラッグシップモデルはUMiDIGI Z Proという5.5インチのハイスペックスマートフォンとしてリリースされており、Sony製のデュアルカメラやIGZO液晶など日本と親和性の高い製品になっています。

しかもスペックの割に価格は安いという中華スマホならではのメリットもしっかりあります。

ということで、「UMIDIGI Z Pro」のスペックなどを簡単にまとめていきたいと思います。


UMIDIGI Z Pro

Z Pro
OS |Android 6.0
7.0アップデータ対応
ディスプレイ 5.5インチ IGZO
1,920 × 1,080
CPU Hekio X27
2.6GHz(10core)
RAM 4GB
内部ストレージ 32GB
外部ストレージ microSD(最大256GB)
カメラ メイン 13MP(Sony製IMX258) ×2
デュアルカメラ
サブ 13MP(Samsung製 S5K3L8)
バッテリー 3.580mAh
急速充電対応
ネットワーク 【3G】
2100(B1) / 900(B8)
【4GLTE】
2100(B1) / 1800(B3 ) / 2600(B7) / 800(B20)
その他 USB Type-C
デュアルSIM
サイズ 縦154 x 幅76 x 厚み8.2 mm
重さ 175g
価格 $299.99
約33,500円

スペックもろもろについてはこんな感じです。
うん、基本スペックは現時点でもハイスペックスマートフォンに位置づけても遜色ない仕上がりですね。
OSも独自UIなどを用いず純粋なAndroidとなっています。
一応公式サイトのスペック抜粋を。

UMIDIGI_Z_Pro_UMIDIGI_Smartphone

CPUについては最大2.6GHzで動作する10コア仕様のHelio X27ですし、単純な動作周波数ではSnapdragon820やExynos8890などよりも上です。
ということは少なくとも通常使用で重さなどはそこまで感じないと考えて良さそうですね。
また昨今では6〜8GBRAMのスマートフォンなども登場していますが、そこまで突き詰めていく必要も一般ユーザにはないでしょうし、4GBRAMもあれば不満もほぼなく十分に使うことができると思います。

どちらももちろん多いに越したことはありませんが、価格も上がってしまうのは仕方のないところですし、バランスがちょうど良いところも肝心ですよね。

「UMIDIGI Z Pro」はそれに加えてカメラがまた豪華です。
リアカメラが13MP(ソニー製センサ)×2のデュアルカメラ仕様なうえに、フロントカメラ(自撮り)も13MP(ただしこちらはSamsung製)という13MP攻めになっています。
これだけの性能があれば、スマホでの撮影をメインに考えている方も満足できる1台になるんじゃないでしょうか。
もちろんディスプレイ自体もシャープ製IGZOパネルを採用していますから、画像閲覧時にもかなりキレイに見えるはずです。

そしてバッテリーも3,780mAhと安心の容量ですし、ゲームやりまくるなどしなければ、1日は持つと思います。
しかもSony製のバッテリーですからよほどのことがない限りは安全のはず。

最後に価格ですが、これだけのスペックを備えながら価格は約33,000円($299.99)という安さ。
この値段で、日本国内で入手できるスマホでは「arrows M03」や「ZenFone 3」、「SAMURAI REI」などがあるわけですが、スペック的な面を見れば「UMIDIGI Z Pro」は圧倒的なアドバンテージがあります。

いやもう、中華スマホって進化しまくりですよ。

ということでまとめ

ここまで褒めてきましたが、結局は輸入しないと手にはいらないというところが最大の欠点でしょうか。

さらにいえば、対応バンドはソフトバンクの回線が最も多いことから、格安SIMでの運用が現状ではMVNOが限られているところでしょうか。
とはいえ、ドコモ回線でもFOMAプラスエリアが使えない程度で運用自体は可能ですから、選択肢としては悪くないと思います。

ちなみに前述した金額は日本購入価格との比較ですから、他機種をそれぞれを輸入すれば同価格帯以下で買えることもしばしば。
ですが、スペック的には「UMIDIGI Z Pro」は上回っていますから、スペックの割に安いということに変わりありません。

スマホのカメラにこだわる方、安くてより良いスペックのスマホが欲しい方、他とは違う変わった機種が欲しい方にはこれからの選択肢として「UMi」の機種はありじゃないでしょうか。

できるだけ安く購入したい方はGearbestで。
UMiDIGI Z Pro @Gearbest

一応、「UMi」製品は日本アマゾンで並行輸入品が買えますが割高です。
UMi製品一覧 @日本Amazon

スポンサーリンク