スポンサーリンク

13.3インチの「Lenovo IdeaPad Duet 560 Chromebook」が国内発表。11月26日から発売

Lenovo-release-ideapad-duet-chromebook-5-us-00Chromebook

米国では2021年9月はじめに発表されたOLED採用13.3インチディスプレイのタブレットChromebook「Lenovo IdeaPad Duet 5 Chromebook」が、日本国内でも「IdeaPad Duet 560 Chromebook」として発売されることがわかりました。

「Lenovo IdeaPad Duet 560 Chromebook」の価格は75,900円(税込)からとなっていて、11月26日より順次発売となります。

Lenovo公式ストアにはすでにページが登場していますので、興味のある人はチェックしてみてください。

ちなみにビックカメラでもすでに予約を受け付けていますので、そちらもぜひ御覧ください。

スペックなどについては下記にまとめておきます。

スポンサーリンク

スペック

ディスプレイ13.3インチ OLED
1,920×1,080
400nits
100% DCI-P3
CPUSnapdragon 7c Gen2
RAM4GB
8GB
内部ストレージ128GB eMMC
256GB eMMC
ポートUSB-C ×2
カメラ8MPリアカメラ
5MPフロントカメラ
ネットワークWi-Fi 5
Bluetooth 5.1
バッテリー最大15時間
その他USIペン同梱
着脱式キーボード
キックスタンド付きカバー
サイズ305.9×186.7×7.23mm
重さ約1.2kg
本体のみ : 700g
キーボード : 320g
スタンドカバー : 180g
価格75,900円(税込)から
自動更新ポリシー2029年6月

すでに海外発表時に紹介しているため重複しますが、「Lenovo IdeaPad Duet 560 Chromebook」は着脱式キーボードとキックスタンド付きカバーを採用した13.3インチのタブレットデバイスで、発色の鮮やかかつ400nitsの高輝度なOLEDディスプレイを搭載したモデルです。

背面のカバーにはUSIペンを収納できるペンホルダーを搭載している点も特長で、今回販売される国内モデルはこのUSIペンも同梱されています。

CPUにはSnapdragon 7c Gen 2を搭載し、最大8GBRAMと最大256GBストレージを備え、USB-Cポートも2つ搭載されるなどスタンダードクラスのChromebookとなります。

スマホやタブレットデバイスでおなじみのSnapdragonのおかげでバッテリー駆動時間も最長15.5時間と長く、タブレットとしてもChromebookとしても使え、持ち運びに適したChromebookです。

実際の使い勝手などはレビューをしてみないと何とも言えませんが、海外でも評価はわりと良いモデルですので、国内でも良い選択肢になってくれることを期待しています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Chromebook
HelenTech