スポンサーリンク

海外ではCore i7-1160G7搭載の14インチ「ASUS Chromebook Flip CX5(CX5400)」が公式ストアで発売

asus-chromebook-flip-cx-5-cx5400Chromebook

ASUSの米国公式ストアではインテル第11世代のCore i7-1160G7を搭載するハイエンドモデル「ASUS Chromebook Flip CX5(CX5400)」が購入可能となりました。が、現時点(2021/10/10)では「在庫切れ(Out of stock)」になっています。

「ASUS Chromebook Flip CX5(CX5400)」は日本では未発売モデルですが、14インチに本体収納式USIペンを備えたコンバーチブルタイプのChromebookで、値段も意外と手頃(とはいえ高い)という特徴のモデルです。

今回公式ストアに登場したモデルは、Core i7-1160G7と16GBRAM、512GB M.2 NVMe PCIe SSDを搭載した最新かつハイエンドモデルで、価格は1,049.99ドルとなっています。

スポンサーリンク

ちなみに8月頃には公式ストアに情報は掲載されていましたが、まだ購入可能ではありませんでした。

最新の14インチChromebookでASUSのハイエンドといえば「ASUS Chromebook CX9(CX9400)」がありますが、あちらより100ドル安くコンバーチブルタイプで本体収納式USIペンが付属しているという点で、用途の幅は「ASUS Chromebook Flip CX5(CX5400)」が広いと思います。

左右にUSB-Cポートがあるのも魅力

ただ、純粋な性能面では「ASUS Chromebook CX9」のほうが上であり、さらに「CX5(CX5400)」はファンレス、あちらはファンを搭載していることもあって負荷のかかるような作業ほど「CX9」が有利になります。

指紋センサの有無も差になってきますが、見方を変えればそれくらいの違いしかありません。

しかも「Chromebook CX9」は一向に再販される気配がない(何度か販売開始しましたようですがすぐ終了)ため、入手のしやすさで言っても「CX5(CX5400)」のほうが良さそうに思えます。

ちなみにCore i3モデルであれば米国Amazonで販売され、直送も可能となっていますので興味のある人はそちらもチェックしてみてください。

とは言うものの、もし日本で発売されたとしても現在日本で販売されている15.6インチの「ASUS Chromebook Flip CX5(CX5500)」がCore i5モデルでほぼ10万円という価格ですので、Core i7モデルは間違いなく10万円を超えてくる…となると、なかなか受け入れられない気がするので難しいところですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Chromebook
HelenTech