YouTube始めました!チャンネルはココから
イチオシのChromebookを特集!

日本国内で販売されているChromebookから、
おすすめモデルを厳選しました。

特集を見る

「Google Pixelbook Go」の4K/Core i7モデルが米Amazonで販売開始も直送は不可

pixelbook go just black image-「Google Pixelbook Go」の4K/Core i7モデルが米Amazonで販売開始も直送は不可Chromebook

これの登場を待っていた方というのも少ないかもしれませんが、ようやくMade by GoogleのChromebookこと「Google Pixelbook Go」の4Kディスプレイ、Core i7搭載モデルが販売開始となりました。

すでに米国Amazonや米国Googleストアでの販売も始まっていますが、いずれも日本直送は不可となっています。

さらに、価格も予定どおり1,400ドルでの販売となりますので、これプラス諸費用を込みで考えても日本円で17万円ほどなので、かなりハイプライスなChromebookです。

ちなみに、まだ”Not Pink”カラーは販売されておらず、”Just Black”のカラーのみとなっています。

一応、4Kモデルのスペックについておさらい。

スポンサーリンク

Pixelbook Go(4K/i7)モデルのスペック

 Google Pixelbook Go
ディスプレイ13.3インチ
3,840 × 2,160
分子ディスプレイ(331ppi)
CPUCore i7-8500Y
RAM16GB
内部ストレージ256GB
ポートUSB-C ×2
イヤホンジャック
バッテリー最大12時間
(20分充電で2時間使える)
サイズ幅311×奥行き206.3×
厚み13.4mm
重さ1.09kg
価格1,399ドル

ざっくりとこのようなスペックになっています。

Core i7に16GBRAMというのは、Chromebookとしては数少ない選択肢ではあるものの、昨年リリースされた「Pixel Slate」などでもラインナップされていたので、性能的には前と大きく変化はないと思います。

しかし、「Pixelbook Go」のi7モデルには、4Kの分子(molecular)ディスプレイが搭載されているのが最大の特長となっています。

これまでにChromebookで4kディスプレイを搭載したモデルは、「Lenovo C630 Chromebook 4K」しかありませんでしたので、2番手にGoogleがリリースしたという感じです。

しかも、Lenovoのそれは15.6インチでしたが、「Pixelbook Go」は13.3インチですので、コンパクトモデルでの登場はこれが初と言えそうです。

スポンサーリンク

通常のフルHD各モデルと4Kモデルの違いは、ディスプレイとCPU周りが主ですが、バッテリー容量が47Whから56Whへと増加しているためか、30gほど重くなっています。

公称のバッテリー駆動時間に差が出ていないのはこの影響だと思いますが、これが本当に良い影響を与えているかは実機によるテスト結果次第というところですね。

正直、ここまでのスペックが必要になるのかは議論の余地はあると思いますが、まさしくプレミアムなChromebookとなっているのは間違いないですし、私を含め興味を持つユーザーはそれなりにいると思います。

そして冒頭にもお伝えしたとおり、すでに米国AmazonやGoogle公式ストアでの販売が開始していますが、日本への直送は不可となっています。

これは「Pixelbook Go」の各モデルに言えることですが、現時点では転送サービス等を使う必要がありますので、ご注意ください。

転送サービスについて

ちなみに、私がm3モデルを購入したときに使用した転送サービスは、「Planet Express」というサービスです。

本当は使い方などを紹介しておきたかったんですが、あまりに焦って購入したので、すっかり記事のネタをまとめるのを忘れて…。

画面も日本語になるなど、わりとフレンドリーなサイトだと思いますので、転送サービスをどうするか悩んでいる方は参考にしてみてください。

Pixelbook Go m3モデルのレビュー

なお、「Pixelbook Go」のm3モデルにも興味のある方は、下記でレビューしていますので、そちらもご覧いただければと思います。

Chromebook
スポンサーリンク
購読・フォローはこちら!
スポンサーリンク
HelenTech