YouTube始めました!チャンネルはココから
スポンサーリンク

Acerが「Chromebook Spin 513」を発表。Snapdragon 7c搭載でLTE対応モデル

acer announce chromebook spin 513-Acerが「Chromebook Spin 513」を発表。Snapdragon 7c搭載でLTE対応モデルChromebook

2020/10/21の22:00から開催されていたNext@Acer 2020にて、Snapdragon 7c搭載で4G-LTEをサポートする13.3インチコンバーチブルタイプの「Acer Chromebook Spin 513」が発表されました。

今回の発表会ではスペックの詳細について触れられていませんが、他メディアからいくつかの情報が公開されていたため、発表前情報となりますが紹介しておきます。

スポンサーリンク

スペック

OSChrome OS
Chrome Enterprise Upgrade
ディスプレイ13.3インチ
タッチ対応
CPUSnapdragon 7c
RAM最大8GB
内部ストレージ最大128GB
ポートUSB-C ×2
USB-A ×1
イヤホンジャック
バッテリー最長14時間
その他LTEサポート(オプション)
価格400ドル(429ユーロ)から

「Acer Chromebook Spin 513」は、13.3インチのコンバーチブルタイプで、タッチ操作に対応しています。

CPUにはSnapdragon 7cがついに搭載され、オプションでLTEサポートしていることが正式発表されています。

そのためバッテリー駆動時間も長く最長14時間となっている点も特徴ですね。

最大RAMは8GB、ストレージは128GBとなっていて、Chromebookとしてはミッドレンジのスペックを持つモデルと考えて良さそうです。

スポンサーリンク

ただし、これまでにSnapdragon搭載のChromebookは登場していないため、果たしてChrome OSでどれほどの力を発揮できるかは未知数です。

これまでに販売されているMediaTekなどのプロセッサを搭載しているChromebookやAndroidタブレットのことを考えれば、きっと安心して使えるはずだと思いますが…。

ちなみに本体の外観はちらっとしか見えませんでしたが、「Acer Chromebook Spin 713」に似たデザインとなっていて、ポート類もほぼ同じようにUSB-Cが左右に一つずつ、USB-Aポートが左側面に、ただしmicroSDカードスロットがなくなっているのが違いです。

現時点でこの他に構成などはわかっていませんが、発売時期と価格については1月にEUで429ユーロから、2月に北米で400ドルからということになっています。

またChrome Enterprise Upgradeの場合、2月にEUで699ユーロから、北米では3月に700ドルから販売されるようです。

日本での販売については、公式Twitterが未定と伝えていますが、これまでの展開から海外で販売されてしばらくした後に登場する可能性も期待できます。

初のSnapdragon搭載Chromebookとなりますので、これを待ち望んでいた方も少なくないはず…ぜひとも国内展開を期待したいですね。

Source: android central