スポンサーリンク

Acerが新しいChromebookを3機種発表。MediaTek Kompanio 1380搭載した「Spin 513」とスタンダードな「314 / 315」

Acerが新しいChromebookを3機種発表。MediaTek Kompanio 1380搭載した「Spin 513」とスタンダードな「314 / 315」Chromebook

ついに開始されるCES 2022を前にして、Acerが新しいChromebookを3機種発表しました。

発表された3つの機種は、「Acer Chromebook Spin 513」と「Acer Chromebook 314」、「Acer Chromebook 315」で、そのうち「Spin 513」はMediaTekの最新チップセットKompanio 1380を搭載した初めてのChromebookで、13.5インチでアスペクト比3:2のディスプレイを採用しています。

「314 / 315」は過去にリリースされているモデルのアップデート版という位置づけで、インテルのCeleronもしくはPentiumを採用したスタンダードな性能のChromebookとなっています。

それぞれのモデルについてのスペックを以下にまとめます。

スポンサーリンク

Acer Chromebook Spin 513(CP513-2H)

Acerが新しいChromebookを3機種発表。MediaTek Kompanio 1380搭載した「Spin 513」とスタンダードな「314 / 315」
Acer Chromebook
Spin 513(CP513-2H)
ディスプレイ13.5インチ IPS
2256 x 1504
CPUMediaTek Kompanio 1380
RAM最大8GB
内部ストレージ最大128GB eMMC
外部ストレージmicroSD
ポートUSB-C x2
USB-A x1
イヤホンジャック
ネットワークWi-Fi 6
バッテリー最大10時間
その他MIL-STD 810H
バックライトキーボード
サイズ299.97 x 234.95
x 16.25mm
重さ約1.29kg
価格599ドルから

前回発表されたSnapdragon 7cを搭載してオプションでLTEに対応する「Acer Chromebook Spin 513」とは異なり、今回発表された「Spin 513 CP513-2H」はMediaTekの新型チップセットKompanio 1380を採用しています。

Kompanio 1380を採用するChromebookはこの「Spin 513 CP513-2H」が初となるため、CPUの性能や実力に関しては未知数ですが、過去にMediaTekが公表した内容によるとKompanio 1200シリーズはインテルのCore i3チップセットと競合する程度としているため、これも同程度の性能は期待できます。

ディスプレイも13.3インチのフルHDからアスペクト比は3:2へと変更され13.5インチの2256×1506となっていて、「Acer Chromebook Spin 713」と似たような構成になっています。

価格は北米で599ドルからとなっていて、2022年6月に発売される予定です。

Acer Chromebook 314 / 315

この2つは共通する項目も多いため、一つの表にまとめてスペックを紹介しておきます。

Acerが新しいChromebookを3機種発表。MediaTek Kompanio 1380搭載した「Spin 513」とスタンダードな「314 / 315」
 Chromebook 314
(CB314-3H / CB314-3HT
C934 / C934T)
Chromebook 315
(CB315-4H / CB315-4HT)
ディスプレイ14インチ
1920×1080
[OP]タッチスクリーン
15.6インチ
1920×1080
[OP]タッチスクリーン
CPUCeleron N4500
Celeron N5100
Pentium Silver N6000
RAM最大8GB
内部ストレージ64GB
128GB
外部ストレージmicroSD
ポートUSB-C x2
USB-A x2
イヤホンジャック
ネットワークWi-Fi 6
バッテリー最大10時間
その他MIL-STD 810Hテンキー付き
サイズ326.4 x 255
x 20mm
366.35 x 244.2
x 20mm
重さ1.45kg1.6kg
価格299ドルから299ドルから

こちらも過去にリリースされている同名の「Chromebook 314」と「Chromebook 315」からアップデートされたモデルと考えて良いと思います。なので「Spin 513」に比べて地味な印象ですね。

それぞれ14インチと15.6インチにフルHDディスプレイを採用し、タッチスクリーンに関してはオプションとなっています。

CPUにはCeleron N4500かN5100、Pentium Silver N6000を選択でき、最大8GBRAMと最大128GB eMMCを搭載するため、性能としてはスタンダードなChromebookと言えます。

価格はそれぞれ299ドルからとなっていて、「Chromebook 315」は北米で1月からリリース、「Chromebook 314」は北米で6月にリリースされる予定となっています。

なお、この記事をまとめている時点では3モデルとも公式サイトにページは登場していないようです。

過去の傾向から3モデルとも日本でリリースされる可能性は高いと思いますが、海外のリリースよりも遅れての登場になると思われます。個人的にMediatek kompanio 1380の実力が気になるので、海外リリース時に手を出すか国内発表を待つかは悩むところです。

Source : XDA Developers

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Chromebook
HelenTech