「Acer Chromebook 512(C851)」が国内Amazonに登場。38,800円とお手頃価格の予定

当サイトは Google Adsense、Amazon アソシエイト等 アフィリエイト広告を利用して収益を得ています.
acer-chromebook-512-image

Advertisement

2019年、今年のはじめに海外で教育機関向けとしてリリースされた、Acerの「Chromebook 512 (CB851-A14N))」ですが、どうやら国内でもAmazon.co.jp限定ということで、販売を開始する予定です。

[amazon asin=”B082WGP1B8″ kw=”【Amazon.co.jp 限定】Acer Chromebook 512 C851-A14N CeleronN4000 4GB 32GB eMMC 12.0型 Chrome OS” rakuten=”0″ yahoo=”0″]

たまたま見つけてしまったという感じですが、現時点では”一時的に在庫切れ; 入荷時期は未定です。”の状態となっています。

目次

スペックについて

一応、今回国内で販売を予定しているモデルについてのスペックを紹介しておきます。

Chromebook 512
ディスプレイ12インチ IPS
1,366 ×912
アスペクト比 3:2
タッチスクリーン
CPUCeleron N4000
RAM4GB
内部ストレージ32GB eMMC
外部ストレージmicroSD
フロントカメラ8MP
ポートUSB-C 3.1 ×2
USB-A 3.0 ×2
イヤホンジャック
その他MIL-STD 810G準拠
防滴キーボード
耐湿性トラックパッド
スタイラス対応×
バッテリー最大12時間
サイズ幅296 × 厚み230.6 × 厚み19.5 mm
重さ1.4kg

このようなスペックになっています。

海外で発表されたときには、CPUがN4100などの上位モデルも含まれていましたが、実際に販売されているのはN4000のものがほとんどのようなので、日本でも同様のモデルと考えて良さそうです。

性能面で言えば、2019年のスタンダードなChromebookでありますが、ディスプレイが3:2というアスペクト比を採用している点がユニークなモデルです。

同様のサイズでは、「HP Chromebook x360 12b」がありますが、あちらはスタイラスペンに対応するコンバーチブルモデルとなっているものの、こちらの「Acer Chromebook 512」はクラムシェルタイプとなっていて、さらにMIL-STD 810Gに準拠した堅牢性を有している点に違いがあります。

もしかしたら、「HP 12b」の直接の競合となる「Spin 512」も今後登場するかもしれませんが、現時点(2019/12/19)ではクラムシェルの「512」のみとなっているようです。

ちなみに、現時点では英語配列か日本語配列かは表記されていませんが、価格を考えると英語配列モデルである可能性が高いと思います。

発売時期などはまだ明らかになっていませんが、興味のある方はAmazon.co.jpのページをチェックしてみてください。

[amazon asin=”B082WGP1B8″ kw=”【Amazon.co.jp 限定】Acer Chromebook 512 C851-A14N CeleronN4000 4GB 32GB eMMC 12.0型 Chrome OS” rakuten=”0″ yahoo=”0″]

ちなみに公式ページにもラインナップには加わっていましたが、詳細は書かれていないため割愛しておきます。

  • URLをコピーしました!

著者

静岡県藤枝市在住のChromebookブロガー。30台以上の実機を試し、業務でChromebookやGoogle Workspaceの導入・活用支援も行う。イベント・セミナー等の登壇経験あり。Chromebook歴は約7年、Google Workspace歴は約8年。Professional ChromeOS Administrator & 日本10Xデザイン協会認定10X仕事デザイナー。詳細はこちら。

目次