Podcastはじめました!サイトはコチラから

Acerが17.3インチを含む新しいChromebookを4機種、海外でリリースしました

next-acer-2021-release-chromebook-4modelsChromebook

今年もオンラインで開催されたNext@Acerイベントにて、エントリークラスの手頃なモデルからインテル第11世代Tiger Lakeを搭載するハイエンドモデルまで、4つのChromebookを発表しました。

エントリークラスには14インチの「Acer Chromebook 314」、エンタープライズ向けのハイエンドモデル「Acer Chromebook 514」、スタンダードかつ史上初となる17.3インチモデル「Acer Chromebook 317」、そして我が愛機と言える「Acer Chromebook Spin 713」、「Spin 713 Enterprise」が第11世代インテルCPUにアップグレードして再登場しています。

以下に各モデルのスペックについて、わかっているものをまとめておきます。

スポンサーリンク

Acer Chromebook 314

まずはエントリークラスの「Acer Chromebook 314」ですが、こちらは現行のインテルCPUからMediaTekのMT8183へと置き換えられました。

Acer Chromebook 314
(CB314-2H/CB314-2HT)
ディスプレイ14インチ
・1366×768
・1920×1080
・1920×1080 IPS
・1920×1080 IPS/タッチ
CPUMT8183C
RAM最大8GB
ストレージ最大64GB eMMC
バッテリー最大15時間
サイズ325.4x223x19.7mm
重さ1.5kg
価格269.99ドルから

14インチモデルでディスプレイの選択肢が豊富なことも特長で、以前の「Lenovo Chromebook S330」のときのようにフルHDモデルが狙い目になるかと思います。

やや重さがあるものの、手頃な価格と長時間のバッテリー駆動のため、使いどころを間違えなければ良い選択肢になりそうです。

よくよく見ると、MediaTekのMT8183でも最大8GBRAMというのもポイントかもしれません。

7月に269.99ドルから北米市場で販売される予定です。

スポンサーリンク

Acer Chromebook 514

続いてインテル第11世代Coreシリーズを搭載したエンタープライズ向けの「Acer Chromebook 514」です。

Acer Chromebook 514
(CB514-1W)
ディスプレイ14インチ
* 1366×768
* 1920×1080
* 1920×1080 IPS
* 1920×1080 IPS/タッチ
CPUPentium Gold 7505
Core i3-1115G4
Core i5-1135G7
Core i7-1165G7
RAM最大8GB
ストレージ最大256GB PCIe NVMe
ネットワークWi-Fi 6
バッテリー最大10時間
その他指紋センサ(OP)
MIL-STD 810H
サイズ323×219.8×19.3mm
重さ1.4kg
価格599.99ドルから

ディスプレイの構成は前述の「314」と変わらないようですが、性能面ではPentiumからCore i7までを選択できるハイエンドモデルとなります。

ただし最高峰の性能ではなく最大8GBRAMと最大256GB NVMeストレージとなっているため、手堅いところでまとめられたエンタープライズ向けらしい仕様といえます。

またオプションで指紋センサを搭載できるとしているため、セキュリティを重視する場合にも良い選択肢です。

価格は599.99ドルから、8月に北米でリリースされます。

スポンサーリンク

Acer Chromebook 317

ついに史上初の17.3インチという大型モデル「Acer Chromebook Spin 317」がリリースされました。

以前の記事でASUSが出すかもしれない…とお伝えしましたが、先を行ったのはAcerでした。

Acer Chromebook 317
CB317-1H/CB317-3HT
ディスプレイ17.3インチ
・1920×1080 IPS
・1920×1080 IPS/タッチ
CPUCeleron N4500
Celeron N5100
Pentium Silver N6000
RAM最大8GB
内部ストレージ最大128GB eMMC
外部ストレージmicroSD
ポートUSB-C(TB4) ×2
USB-A ×2
ネットワークWi-Fi 6
バッテリー最大10時間
その他フルHD Webカメラ
テンキー搭載
サイズ401.2×267.1×22.5mm
重さ2.35kg
価格379.99ドル〜

Chromebookでもできるだけ大きな画面で作業をしたいというユーザーには唯一の選択肢になる17.3インチのモデル。

フルHDのIPS方式を採用し、タッチスクリーンに対応するかしないかのため、わかりやすいモデルでもあります。

CPUにはJasper Lake世代を採用し、約380ドルと手頃な価格ですがかなりコストパフォーマンスに優れていると期待ができます。

さすがにサイズと重さがあるので持ち運び用途には向きませんが、オフィスや自宅などに置いて使うことが主で、テンキーが必要であれば「Acer Chromebook 317」は良い選択肢になるはずです。

このモデルは北米で6月から発売となります。

スポンサーリンク

Acer Chromebook Spin 713

最後は愛機と呼べる「Acer Chromebook Spin 713」のインテル第11世代Coreシリーズ搭載モデルです。

Acer Chromebook Spin 713
(CP713-3W)
ディスプレイ13.5インチ
2256×1504 IPS/タッチ
CPUCore i3-1115G4
Core i5-1135G7
Core i5-1145G7
Core i7-1165G7
Core i7-1185G7
RAM最大16GB
内部ストレージ最大256GB PCIe NVMe
外部ストレージmicroSD
ポートUSB-C(TB4) ×2
USB-A ×2
HDMI
ネットワークWi-Fi 6
バッテリー最大10時間
その他バックライトキーボード
MIL-STD 810H
サイズ300.6x235x16.9mm
重さ1.37kg
価格699.99ドル〜

ディスプレイは変わらず13.5インチのアスペクト比3:2を採用した高解像度となっていて、CPUには第11世代Core i3からi7、最大16GBRAMと最大256GBのNVMeストレージを搭載するハイエンドChromebookとなります。

CPUが複数選択できますが、一般販売とエンタープライズ向けの違いになるかと思います。

また現行モデルとポートの数は同じですが、USB-CポートはThunderbolt 4をサポートし、左側面に2つ(右側になくなった)となっている点が違いです。

性能面では文句なしと言えますが、一方で指紋センサについては今回も搭載されていないようなので、機能面では他のハイエンドモデルに一歩及ばずというところです。

販売については北米で6月から開始し、価格は699.99ドルからとなっています。

ということで、今年のNext@Acerにて発表されたChromebookの新しい4機種は以上となります。

そしてお気づきのように、すでに日本語サイトでも「314」を除くChromebookはページが存在していますので、リリースされる可能性は非常に高いと言えます。

とくに「314」、「Spin 713」は国内でもリリースされていますのでアップグレードとして、「317」も17.3インチとユニークなモデルですので、投入を期待しています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Chromebook
HelenTech