YouTube始めました!チャンネルはココから
スポンサーリンク

日本エイサーが「Chromebook Spin 511 R752T-G2」を発表。GIGAスクール構想に対応し、8月発売予定

acer-chromebook-spin-511-r752tChromebook

日本Acerが、GIGAスクール構想に対応したモデル「Acer Chromebook Spin 511 R752T-G2」を発表しました。

当然ながら文教市場向けとなりまして、2020年8月に税別49,800円で発売予定としています。

「Spin 511」シリーズとなるため、MILスペックにも準拠したコンバーチブルタイプのChromebookですが、スタイラスペンには対応しない方となっています。

スポンサーリンク

スペック

Acer Chromebook
Spin 511
R752T-G2
ディスプレイ11.6インチ IPS
1,366 × 768
CPUCeleron N4020
RAM4GB
内部ストレージ32GB eMMC
外部ストレージmicroSD
インカメラ720p
アウトカメラ5MP AF
ネットワークIEEE802.11ac
Bluetooth 5.0
ポートUSB-C ×2
USB-A ×2
イヤホンジャック
バッテリー駆動時間約10時間
サイズ296×206×19.95mm
重さ1.25kg
参考価格49,800円

スペックはこのようになっています。

Chromebookを調べている方ならお気づきだと思いますが、CPUが違うだけで、基本的なスペックは一般向けでも販売されている「Acer Chromebook Spin 511 R752T-N14N」と同じ構成になっています。

今までビジネス色の濃かった「Spin 511」シリーズを教育向けとするだけでなく、CPUをしっかり新しい世代に載せ替えてくるところを見ると、Acerもなかなか本気のようです。

スポンサーリンク

性能面で言えば、2019年から2020年のスタンダードなChromebookと言えますので、MILスペックに対応している点などを考えても、学校の授業や家庭学習で使うのであれば、十分すぎるものだと思います。

一般ユーザーだとスタイラスペンの有無がポイントになってきますが、先日発表されたNECの「Y2」のように、授業でスタイラスペンはあまり使わないという前提であれば、ペン無し問題もとくに気にすることはなさそうです。

ちなみに、一般販売されている「Spin 511」よりもスペックがわずかですが向上していますし、参考価格のように税込みでも5万円台となれば、この「R752T-G2」はかなりコストパフォーマンスに優れるモデルだと思います。

発売は8月とまだ先になりますが、これも面白い選択肢ですので、導入担当の方は検討する価値はあると思います。

詳細については、Acerのプレスリリース、公式サイトをご覧ください。

一般ユーザーであれば、Celeron N4000を採用する「R752T-N14N」だけでなくスタイラスペンが使える「R752TN-N14N」が選べるので、そちらもチェックしてみてね。