YouTube始めました!チャンネルはココから
スポンサーリンク

acerが「Chromebook 314 (C993T)」にPentium N5030を搭載したモデルを海外でしれっとリリース

acer chromebook 314 may release-acerが「Chromebook 314 (C993T)」にPentium N5030を搭載したモデルを海外でしれっとリリースChromebook

世間の状況を考えると、このタイミングで出てくると思わず完全にスルーしていましたが、AcerがPentium Sliver N5030を搭載する「Chromebook 314(C933T-P8SM)」というモデルをラインナップに加えています。

なお「Acer Chromebook 314」自体は、IFA 2019にて発表されたモデルで、海外ではCeleron N4000やCeleron N4120を搭載するモデルが一部で発売されています。

スポンサーリンク

Acer Chromebook 314 (C993T) のスペック

Acer Chromebook
314 (C993T-P8SM)
ディスプレイ14インチ IPS
1,920 × 1,080
CPUPentium Silver N5030
RAM8GB
内部ストレージ64GB eMMC
外部ストレージmicrosD
Webカメラあり
ポートUSB-C ×2
USB-A ×2
ネットワークWiFi 5
Bluetooth
バッテリー最大12.5時間
重さ1.5kg
価格429.99ドル
自動更新ポリシー最大8年間

スペックとしてはこのようになっています。

価格が約430ドル(約46,000円)ほどのChromebookとしては、CPUもRAMも十分なものですし、やや重さがあるもののコストパフォーマンスは悪くないモデルだと思います。

また、ディスプレイも14インチのフルHD解像度で、IPS方式を採用している点もクセがなく使いやすそうですね。

自動更新ポリシーに関しても、2020年モデルということもあって最長で8年間のサポート(具体的な日付までは現時点で不明)を受けることができるので、14インチモデルとしてはかなり安定した選択肢になると思います。

スポンサーリンク

性能面はハイスペック寄りですが、本体構成としてはスタンダードなクラスのマシンのため、バックライトキーボードの搭載やMIL-STDに準拠しているわけではないようです。

acer chromebook 314 may release key-acerが「Chromebook 314 (C993T)」にPentium N5030を搭載したモデルを海外でしれっとリリース

なお、現在は米国の公式サイト上に掲載されていますが、発表&発売自体はまだ行われておらず、今後数週間のうちに正式に発表されると見られます。

海外では430ドルで購入できることを考えると、かなり魅力的なモデルですね。

日本での発売などもまだわかりませんが、もし日本で展開されるとなると、おそらく5〜6万円代になると思いますが、そうするとライバルも多いので、たとえN4120などを搭載する別モデルであっても、税込5万円代もしくはそれ以下になるとかなり有力な14インチの候補になりそうです。