Podcastはじめました!サイトはコチラから

Amazonタイムセール、今回の対象Chromebookをまとめ

amazon-time-sale-chromebook-210523セール・クーポン

Amazonでは5月25日までの63時間、タイムセールを開催しています。

今回もタイムセール中となっているChromebookを紹介していきますが、一部おすすめしづらいモデルも含めていますので、そのあたりは分けておきたいと思います。

スポンサーリンク

オススメのモデル

今回おすすめできるChromebookをまとめてみましたが、Acerのみとなりました。

Acer Chromebook 315(CB315-3HT-NF14P)

1つ目は15.6インチのフルHD解像度とテンキーを搭載する大型の「Acer Chromebook 315(CB315)」です。

こちらはCeleron N4020と4GBRAM、64GB eMMCを搭載するスタンダードなモデルとなっていて、タッチ操作にも対応したクラムシェルタイプになります。

タイムセール価格は42,330円とお手頃と言えますので、テンキー付きの大画面Chromebookを求めているユーザーには良い選択肢だと思います。

自動更新ポリシーの期限は2026年6月までとなっています。

Acer Chromebook 715(CB715-1WT-A38P/E)

続いて1つ目に紹介した15.6インチの上位機種、「Acer Chromebook 715(CB715-1WT-A38P/E)」です。

こちらは外装に違いはありませんが、インテルのCore i3-8130Uと8GBRAMを備えたハイエンドなモデルとなります。

テンキー付きである点にも違いはありませんが、こちらは英語配列キーボードとなっています。

価格は65,280円とハイエンドなChromebookらしい価格となっていますので、より快適さを求めるのであればこちらを選んでも損はないと思います。

ただ注意点は、自動更新ポリシーが315とは異なり2025年6月までと1年短いことです。
が、今から4年は持つと考えれば十分アリだと思いますので、検討する価値はあります。

Acer Chromebook 311 CB311-9H-A14P

個人的は今回の最安価モデルとしておすすめできるのが、「Acer Chromebook 311(CB311-9H-A14P)」です。

こちらは中身が新しくなっている(GIGAスクール構想向け)もので、11.6インチのノングレア、非タッチとなっていますが、Celeron N4020と4GBRAMを搭載したスタンダードなクラムシェルモデルです。

価格は23,800円とお手頃で、自動更新ポリシーの期限も2026年6月までと長いため、”とりあえず”な1台やサブとしてちょうど良いChromebookだと思います。

Acer Chromebook 712(C871T)

3:2のアスペクト比を採用した12インチモデル「Acer Chromebook 712(C871T)」のCeleronモデルとCore i3-10110Uモデルです。

どちらもクラムシェルタイプですがタッチ操作に対応し、MILスペックに準拠した堅牢性を有する比較的新しいChromebookです。

1,366×912という縦に広い解像度のため、一般的な11.6インチノートパソコンよりも作業領域が広がるため、普段使いからビジネス、学校でも扱いやすい1台です。

やや重い点はネックですが、性能・価格ともバランスの良いモデルですので、クラムシェルタイプでも問題なければ良い選択肢になります。

スポンサーリンク

Celeronモデルは、Celeron 5205Uと4GBRAM、64GB eMMCストレージを搭載したスタンダードモデルで、価格は29,300円とかなりお手頃価格になっています。

もう一方のCore i3-10110Uモデルは、8GBRAMと64GB eMMCストレージを搭載したハイエンドモデルで、価格は44,800円とこちらもお買い得感は高いと思います。

なおどちらも自動更新ポリシーは2028年6月までと最長クラスです。

今回のセールではスペックと価格のバランスから言って、15.6インチモデル狙いでなければ「Acer Chromebook 712」のどちらかの購入を検討することをおすすめします。

スポンサーリンク

その他のモデル

では最後にセール対象でお買い得感は高いけど、他のモデルと比べるとオススメしづらいモデルをピックアップします。

もちろん性能と自動更新ポリシー、価格を含めて納得が行くのであれば問題はありません。

ASUS Chromebook C223NA

まずはASUSの「Chromebook C223NA」ですが、こちらは11.6インチに999gという軽量さがウリの機種です。

リリース当初や昨年あたりまでは、手頃な価格と使いやすさでオススメしていましたが、先に紹介したような「Acer Chromebook 311」などが登場したことで、オススメしづらくなったのが正直なところです。

価格は19,800円と2万円切りで購入できますが、やはり他の選択肢が多くなっているというのがネックです。

また自動更新ポリシーも2024年6月までと短めですので、他モデルとの価格差を考えても、できることならAcerの「311」か「712」を選ぶ方が損は少ないと思います。

ASUS Chromebook C423NA

もう一つもASUSですが、14インチの「ASUS Chromebook C423NA」も今となっては少しオススメしづらいモデルです。

性能面はCeleron N3350と4GBRAMを搭載した2~3年前のスタンダードなモデルですが、こちらも自動更新ポリシーの期限が2024年4月までと短いことがネックです。

しかし14インチで重さ1.25kg、価格も22,980円と手頃な14インチChromebookが少ない現状では、ある意味まだまだ価値のあるモデルですので、性能と自動更新ポリシーに納得が行けば悪くはありません。

ということで、今回のAmazonタイムセールでラインナップされていたChromebookのまとめでした。

結局のところ、どのモデルもお買い得には間違いないため、この機会にChromebookの購入を検討してみてはいかがでしょうか。