Moto「G6」「G6 Plus」「G6 Play」のスペックについて気になったのでまとめてみた

みなさんこんばんは、へれん(@Helen_Tech)です。

先月中旬に行われたMWC2018で既に情報が出ているようなので今更ではありますが。
海外情報を見てたらどうやら4月3日頃に発売されるんじゃないかってこともあり、

ふと気になったので改めてスペックをまとめておこうと思います。

といっても日本での発売はまだ未定のようなのでどうなることやら。
では、Moto「G6 Plus」、「G6」、「G6 Play」のスペックをそれぞれ見ていこうと思います。




Moto「G6 Plus」、「G6」、「G6 Play」

G6 PlusG6G6 Play
ディスプレイ5.93インチ
2,160×1,080
5.7インチ
2,160×1,080
5,7インチ
1,440×720
CPUSnapdragon630
2.2GHz
Snapdragon450
1.8GHz
Snapdragon430
1.4GHz
RAM最大6GB最大4GB最大3GB
内部ストレージ64GB64GB32GB
外部ストレージmicroSDmicroSDmicroSD
カメラメイン 12MP+5MP
フロント 16MP
メイン 12MP+5MP
フロント 16MP
メイン 12MP
フロント 5MP
バッテリー3,200mAh3,000mAh4,000mAh

こんな感じです。
いずれもミドルレンジ程度のスペックにまとまっています。
が、価格帯を抑えているためということで現時点の情報では、
「G6 Plus」が$265(約30,000円)、「G6」が$235(約25,000円)、「G6 Play」が$190(約21,000円)となっているようです。

このレベルであれば普及するにはちょうど良いんじゃないでしょうかね。
ただ日本国内ではスマホでゲームする人が非常に多いですから、
バッテリー容量の多いPlayなんか良いかもしれません。
とはいえ、おそらくモバイルバッテリーを常備していることも予想されますし、
Plusでも何ら問題はないですかね。

低価格でそれなりに動く端末、という感じですね。
とりあえずのところ、日本での発売はいつになるのかなー。

参考元:
New leak shows off the Moto G6, G6 Plus, and G6 Play in all their glory

スポンサーリンク