OPPOが「Realme 1」というスマートフォンをインドでリリースの予定

oppo realme1 Android

みなさんこんにちは、へれん(@Helen_Tech)です。

先程更新している「OnePlus」というメーカーの親会社となる中国の「OPPO」ですが、どうやらインドで「Realme」というブランドとして初のスマートフォン立ち上げを準備しているようです。
それが今回紹介する「OPPO Realme 1」という機種になるんですが、スペックが明らかになったということでしたので、まとめていこうと思います。
ただ内容的には同社「OPPO A3」のリネーム版とも言われていますが、実のところはまだわかっていません。

日本国内での正規発売はないと思いますが、海外ではこういうスマホも存在しているということをお知らせできればと思っています。

スポンサーリンク

「OPPO Realme 1」のスペック

Realme 1
ディスプレイ6インチ
2,160 × 1,080
CPUHeilo P60 MT6771
1.8GHz(8core)
RAM6GB
内部ストレージ128GB
外部ストレージmicroSD
カメラメイン 13MP
フロント 8MP
その他MicroUSB
デュアルSIM
フェイスアンロック
バッテリー3,410mAh
価格約30,000円

スペックはこんな感じです。
国内でリリースされても人気の出そうなスペックと価格だと思います。
使用されているCPUや中の上くらいの性能ですが、日本国内で流通しているモデルだとあまり採用されていないみたいです。
同じく中華スマホメーカーの「UMI」であったり「DOOGEE」などが採用しているようですね。
RAMも6GBありますし、ゲームメインのユーザでもそれなりに快適なプレイができそう。
またカメラの性能もそこそこで、MicroSDでストレージを拡張できますから普段使いにも問題なさそうですね。

そしてこの機種はベゼルレスデザイン、ノッチありの機種ですので指紋認証はなくフェイスアンロックが搭載されています。
実際の使い勝手はどんなものなのかわかりませんが、今後の主流となっていくのは間違いありませんから中華メーカーもこぞって取り入れています。

ただ残念なところは、ここまでバランス良く仕上げているにも関わらず充電ポートはmicroUSBなんですよね。
とはいえ、リリースされる国がインドですので先進国のようにUSB-C端末が普及していないと考えれば自然な選択だったんでしょう。

スポンサーリンク

まとめ

ということで、久々に中華スマホを取り上げてみましたが、なかなかいい感じに仕上がってきているようです。
スペックと価格のバランスがとてもよい気がするので、日本でも発売されればコスパの良いミドルレンジクラスの機種として選択肢には入りそうですね。

中華スマホは突然新製品をリリースしてくることもありますから、また情報が出ればまとめていきたいと思います。

参考:
Oppo Realme 1’s full specs leaked