サムスンのミドルレンジAndroidスマホ「Galaxy J6(2018)」のウワサ

Samsung-Galaxy-J6-2018

みなさんこんにちは、へれん(@Helen_Tech)です。

Samsungといえばハイスペックで最新機種「Galaxy S9 / S9 Plus」の話題でもちきりですが、それ以外のランクの機種も拡充を図っているようです。
今回触れられているのが、性能・価格ともミドルレンジに位置するAndroidスマートフォンで、「Samsung Galaxy J6 (2018)」というモデルの登場がウワサされています。
ということで、すでにいくつか情報が出回っていますが簡単にまとめておきます。




スペックについて

まだ可能性の段階であるため、確実ではありませんが概ねこんなものかという感じです。

Galaxy J6
ディスプレイ5.6インチ
1,600 × 900
CPUExynos 7870
1.4HGz
RAM2GBあるいは3GB
内部ストレージ32GB / 64GB
カメラメイン 13MP
フロント 8MP
価格$295
約33,000円

現時点ではこのような感じです。
本体は金属ではなくプラスチック製の外装となるようで、スペックの割に価格を抑えたモデルになります。
ちなみにOSは、Android 8.0 Oreoであるという話も出ています。
もちろん指紋センサーも搭載されていますので、バランスの良いミドルレンジのスマートフォンに仕上がっているんじゃないでしょうか。
カメラ性能もまずまずですし、microSDカードによるストレージ拡張もできるようなので写真をよく撮る方にも良さそうです。


まとめ

とりあえず地味な感じですが、ミドルレンジとしてはまずまずですので、サムスンあるいはGalaxyシリーズで価格を抑えたモデルが欲しいという方には選択肢としてあっても良いかもしれません。
とはいえ発売や正式なスペックなどはまだわかっていませんので、今後次第というところでしょうか。

どうしてもハイスペックなモデルに目が行きがちですが、実際に使うとなるとそこまで必要ないことや、価格を抑えたいこともありますからこういう中間のコストパフォーマンスが良いモデルも必要ですよね。
この手のモデルが出るときにはまたまとめていきたいと思います。

参照:
Samsung Galaxy J6 (2018) press renders leaked ahead of official announcement

スポンサーリンク