ノッチなしベゼルレススマホ「Vivo NEX」が正式に発表されたようです!

NEX_01

みなさんこんにちは、へれん(@Helen_Tech)です。

以前に当ブログでも「Vivoのノッチなしベゼルレススマホ「Vivo NEX(APEX)」のウワサあれこれ」という記事を書いていますが、先日メーカーが正式に発表したようです。
予想通りMWC2018のコンセプトモデル「APEX」がベースとなっており、ポップアップ式のセルフカメラを搭載し、ノッチを無くしたベゼルレススマートフォンとなっています。

ちなみに前回まとめた記事はこちら。

vivo_apex_nex
みなさんこんばんは、へれん(@Helen_Tech)です。 さて、先程もVivoの記事をまとめたわけですが、今回はその中でもノッチなしのベゼルレスフルディスプレイスマートフォ
気になっていたスペックについても正式発表となったので、改めて「Vivo NEX」のスペックなどまとめて行こうと思います。




「Vivo NEX」

Vivo NEX
OSAndroid 8.1 Oreo
Funtouch OS 4.0
ディスプレイ6.59インチ AMOLED
2,316 × 1,080(19.3:9)
CPUSnapdragon 845
RAM8GB
内部ストレージ128GB
256GB
カメラメイン 12MP+5MP
フロント 8MP
バッテリー4,000mAh
サイズ厚み7.98mm
重さ199g

スペックはこんな感じになっています。
搭載CPUやRAM、ストレージからもフラッグシップモデルとしてはかなり上位のスペックを有しています。
とくにディスプレイは凄いですね。画面占有率は91.24%に到達しているというのも驚きです。

NEX_02

またこの画面には指紋認証センサが埋め込まれているため、指定されたエリアに指を置くことでセンサによるロック解除が可能となっています。

バッテリーも4,000mAhを積んでおり、付属の充電器は22.5Wということなので高速で充電できるのも嬉しいところ。

ちなみに海外のブログで指摘されている懸念は、バックカメラとフロントカメラのクオリティ、ポップアップ部分の剛性がどうなっているかというところ。カメラの画素数的にどんなもんか気にはなりますし、ポップアップ式のカメラもどんな感じなのかは実機を触らないとわからないですよね。
とはいっても、私のように自撮りしない人間に取ってはフロントカメラの存在は邪魔ですし、こういうモデルがあるのも良いんじゃないかな。

また、搭載CPUをSnapdragon710、6GBRAM、ストレージを128GBとした廉価版の存在も示唆されています。
こちらについてはあまり情報が出ていなかったので割愛します。


まとめ

いよいよフレームレス、フルディスプレイというのが近づいてきましたね。
こういうのをAppleがやると思ってましたが、なんと中国メーカーが先取りしてくるとは…世の中はわからんもんです。

それはさておき、「Vivo NEX」は今日から予約注文を受け付けており、6月23日以降には中国国内で販売されるということです。
現時点ではグローバルモデルについて情報はありませんが、中国国内での販売が落ち着いてからという流れになりそうです。

価格は128GBモデルが約78,000円、256GBモデルが約86,000円となっています。
またグローバルモデルリリースの際には追記しようと思います。

参考:
vivo NEX S announced – in-display fingerprint and 91% screen-to-body ratio


スポンサーリンク