ついにファーウェイから「Honor Note 10」が正式に発表されました!大型画面のハイスペックモデルです。

ついにファーウェイから「Honor Note 10」が正式に発表されました!予想どおり大型画面のハイスペックモデルです。 Android

みなさんこんにちは、へれん(@Helen_Tech)です。

以前から当ブログでも記事をまとめていました、ファーウェイのサブブランドであるHonorから新型のスマートフォン「Honor Note 10」が正式に発表されたようです。

この機種は、事前からベゼルが細くコンパクトながら7インチ相当の大型ディスプレイを採用したハイスペックモデルということはわかっていましたが、ようやく詳細が明らかになりました。

ちなみに以前まとめた記事はこのようなものです。

HuaweiからKirin970を搭載した「Honor Note 10」がそろそろリリースされるようです。
みなさんこんにちは、へれん(@Helen_Tech)です。ファーウェイといえば、先日「Nova 3」や「Honor 10 GT」についても記事をまとめていますが、今回は「Honor 10」のフラッ...

実機の画像が公開されていましたが、CPUやRAMなど一部を除き、スペックについてはほとんど言及されていませんでしたが、ようやくはっきりしたので改めてまとめたいと思います。

スポンサーリンク

「Honor Note 10」のスペック

Honor Note 10
OSAndroid 8.1
EMUI 8.2
ディスプレイ6.95インチ AMOLED
2,220 × 1,080
CPUKirin 970
2.36GHz(8core)
RAM6GB / 8GB
内部ストレージ64GB / 128GB
外部ストレージmicroSD
(最大256GB)
カメラメイン 24MP+16MP(f/1.8)
フロント 13MP(f/2.0)
バッテリー5,000mAh
急速充電対応(5V/4.5A)
ポートUSB-C
その他指紋センサ
顔認証
デュアルSIM
4G-LTE 対応バンド1/3/5/7/8/34/38/39/40/41
3G(WCDMA) 対応バンド1/2/5/8/34/39
サイズ縦177 × 幅85 × 厚み7.65mm
重さ230g
価格6GB/64GB : 約4.7万円
6GB/128GB : 約5.5万円
8GB/128GB : 約6万円

スペックについてはこのようになっています。ちなみにカラーはブルーとブラックの2色展開です。

ざっとスペックを見た感じ、ディスプレイが約7インチ近くで177mmという縦幅を考えると、以前当ブログでもまとめた「Xiaomi Mi Max 3」とほぼ同じようなサイズ感のようです。

ついにファーウェイから「Honor Note 10」が正式に発表されました!予想どおり大型画面のハイスペックモデルです。

過去にファブレット端末の名機と言われる「Sony Xperia Z Ultra」と比べると、厚みはやや増したものの縦幅ともわずかながらコンパクトになっていますが、画面サイズが大きくなっているので、表示量も増えて使い勝手はさらに向上しているように思います。

採用されているCPUは、すでにリリースされている「P20」や「Mate 10 Pro」と同じKirin970というハイエンドをやや下回る程度のハイスペックなプロセッサで、RAMも6GBもしくは8GBというかなり上位の性能を持っています。

ストレージに関しては、平均的な64GBあるいは128GBとなっており、外部ストレージもmicroSDによる最大拡張256GBとなっています。

バッテリーは5,000mAhと比較的大容量を搭載しているので、普段使いであれば1日は確実に持つと思いますから困ることはないでしょう。

全体的なスペックを考えてみれば、ゲーム用途であっても快適に動作するファブレット端末に仕上がっているようです。

ただカメラについては、それでも高画素には変わりありませんが「Huawei P20」などに比べるとやや控えめな印象を受けます。
とはいえ、メイン(リア)カメラは20MP+16MPの高解像度デュアルカメラですし、フロントも13MPと決して低いわけではありません。

ついにファーウェイから「Honor Note 10」が正式に発表されました!予想どおり大型画面のハイスペックモデルです。

このあたりは実機でチェックしないとわからない部分かと思いますが、普段使いで考えれば問題はないはずです。

そして価格ですが、最上位モデルであっても日本円にして6万円程度ですし、下位であれば5万円を切るという驚異的とも言えるお買い得感があるので、大型スマホ(ファブレット)が欲しい方にはちょうど良さそうな1台ではないでしょうか。

ただ現時点では、中国市場での販売のみが発表されており、グローバル展開については不明なのが少々残念というところです。

スポンサーリンク

まとめ

ということで、ざっくりと「Honor Note 10」のスペックをまとめてみました。

正直なところ、あのズルトラよりも大画面かつ高性能なのにややコンパクトサイズになって価格も安価となれば、あの手のファブレット端末が欲しかった人にとってはこの「Honor Note 10」は手を出しても面白そうな1台だと思いました。
ただ個人的に悩ましいのは、採用されているUIが独自のEMUIであるというところ。ファーウェイ系統の端末って興味をそそられるものが多いんですけど、実際に使ってみてどうも合わないと感じてしまうんですよねえ…。むしろUIというかプリインアプリというか。
今使っている「Mediapad M3 Lite」もそれがあるので、機種としては気に入ってるんですけどどうも残念な感じがしてしまいます。

しかし、このような点を気にしない方や普段から「P20」などファーウェイ製品を使って慣れているような方であって、7インチクラスのファブレットが欲しいのであれば一考の価値はあると思います。

グローバル展開についてまだはっきりしていないという問題はありますが、Geekbuyingなどの海外通販サイトで取り扱うようになればとりあえずは入手できるようになるはずですので、それを期待しましょう。

http://www.honor.cn/

ちなみに「Huawei P20」などはAmazonでも購入が可能ですのでよければ参考までに。

Android
スポンサーリンク
ツイートで最新情報をお届け!
ぜひフォローお願いいたします。
プッシュ通知でも最新情報をお届けしています。
シェアもして頂ければ嬉しいなぁ…
HelenTech.net