Xiaomiから「PocoPhone F1」というサブブランドの新型スマホが近々リリースされるようです。

Xiaomiから「PocoPhone F1」というサブブランドの新型スマホが近々リリースされるようです。 Android

みなさんこんにちは、へれん(@Helen_Tech)です。

少々出遅れてしまった感じがありましたが、当ブログでもかなり取り上げている中国のシャオミ(Xiaomi)のサブブランド「Poco」の新型ということなのでまとめようと思います。

この「PocoPhone F1」に関するウワサって、実はそこまで上がって来ておらず、ここに来て急に出てきたものなんです。海外サイトでもどういう目的でサブブランド展開するのかっていうのもイマイチ掴みかねている様子でした。ただ先日、公式Twitterでリリースが示唆されたので、本当に来たのかという感じです。

ということで、今回はXiaomiのサブブランド「Poco」がリリースする新型のハイスペックスマートフォン「PocoPhone F1」のスペックなどをまとめていきます。

スポンサーリンク

「PocoPhone F1」のスペック

Xiaomi
PocoPhone F1
OSAndroid 8.1
MIUI 9.0
ディスプレイ5.99インチ IPS
2,248 × 1,080
CPUSnpadragon 845
1.8-2.8GHz(8core)
RAM6GB
内部ストレージ64GB
カメラメイン 12MP+5MP
フロント 20MP
バッテリー4,000mAh
ポートUSB-C
その他背面指紋認証センサ
顔認証

スペックについてはこんな感じになっています。リーク情報や現時点でのウワサみたいなものが含まれているので、毎度のことながら実際の発表時には変更されている場合がありますのでご注意ください。

スペックとしては、採用しているCPUやRAMから察する通りハイエンドなモデルになっています。

内部ストレージ容量はスタンダードなものの、バッテリー容量もこのクラスとしては多めとなっています。

カメラについても、Xiaomiらしく自撮りに重きをおいた仕様となっていますし、リアカメラもデュアル仕様で日常使いとしては問題がない範囲かと思います。

ちなみにディスプレイの解像度から察する通り、ノッチがあるモデルとなっています。
最近のハイエンドの多くはノッチを採用するモデルが多いので、個人的には残念なところですが、トータル的にはかなりまとまっているスマートフォンだと思います。

そして価格ですが、さすがXiaomiというべきか、このスペックにして予想価格が約55,000円程度に収まるのではないかとされています。

同程度のスペックを有するハイエンドスマートフォンから1〜2万円程度安価に購入することが可能となりそうです。
ただ現時点では、インドとヨーロッパへのリリースは決まっているようなのですが、アジア圏・日本へのリリースに関しては不明なので入手方法は限られそうです。

スポンサーリンク

まとめ

ということでざっくりと「PocoPhone F1」に関するウワサとスペックをまとめました。

これまでのXiaomiの展開からして、価格もスペックもこのとおりでリリースする可能性は高そうですね。ただ気になるのがなぜXiaomiブランドとしてリリースしなかったのかというところ。この辺はまぁ、おいおい調べてみようと思います。

とにかく「PocoPhone F1」は、スペックのわりに安価に入手が可能なスマートフォンだと思いますので、価格を抑えてハイスペックな端末が欲しいという方には良い機種かもしれません。
Xiaomi系の問題点としては、MIUIという独自UIが採用されているので、この辺の使い勝手に抵抗がなければ良い端末である、というところです。まぁ変更すればいいわけなんですが。

この「PocoPhone F1」は、2018年8月22日にニューデリーの特別イベントで発表するということが公式ツイッターにて公言されていますので、実際の発表を待ちたいと思います。

Xiaomiは相変わらずやりおるなあ。

Xiaomi Pocophone F1 launch date confirmed as video unboxing leaks

Android
スポンサーリンク
ツイートで最新情報をお届け!
ぜひフォローお願いいたします。
プッシュ通知でも最新情報をお届けしています。
シェアもして頂ければ嬉しいなぁ…
HelenTech.net