FREETELのスマホ「REI 2 Dual」が価格変更で値下げ。よりコスパ良機種に!

Android

みなさんこんにちは、へれん(@Helen_Tech)です。

久しぶりに「FREETEL」のスマートフォンの話題に触れます。
今回はリリースされたときにもまずまずのコストパフォーマンスを発揮していた「REI 2 Dual」というスマートフォンですが、より普及を目指すために価格変更を行い、これまでより7,000円の値下げを実施しました。

この新価格によって、販売価格が22,800円とスペックから考えればかなりお得に購入できるようになったと思います。ということで、改めて「FREETEL REI 2 Dual」のスペックをまとめておこうと思います。

スポンサーリンク

「FREETEL REI 2 Dual」のスペック

REI 2 Dual
OSAndroid 7.1.1 Nougat
ディスプレイ5.5インチ IPS
1,920 × 1,080
CPUSnapdragon 625
2.0GHz(8core)
RAM4GB
内部ストレージ64GB
外部ストレージmicroSD
(最大256GB)
メインカメラ13MP+13MP Sony製センサ
フロントカメラ16MP
ポートUSB-C
バッテリー3,300mAh
対応バンド:4G-LTE1/2/3/4/7/8/12/17/18/19/20/26/28/41
対応バンド:3G WCDMA1/2/4/5/6/8/19
サイズ縦152 × 幅75 × 厚み7.9mm
重さ158g
販売価格22,800円(税抜)

スペックについてはこんな感じになっています。最近はミドルレンジの海外製スマートフォンに慣れているおかげか、この「REI 2 Dual」もミドルレンジスマートフォントしてはまずまずのスペックを持っていることがわかります。

5.5インチながらIPS方式のフルHDディスプレイを採用しており、CPUや内部ストレージに関してはそれぞれ4GBRAMに64GBストレージとミドルクラスのスタンダードとも言える容量を備えています。

CPUには2017年リリースのSnapdragon625が採用されていますが、省電力化を狙っての選択のようです。性能的には、ネットや簡単な作業、動画閲覧くらいであれば特に問題はありません。ただゲームになると、最近の3D系のやつは厳しいかもしれません。

あと個人的には対応バンドの豊富さが良いと思います。FREETEL(楽天モバイル)のSIMを契約せずともSIMフリー端末として購入して、手持ちのドコモ回線やソフトバンク回線でもバント適合しますので、そういう意味でも扱いやすい機種かと思います。

カメラ性能について

ただ公式を見ていると、このあたりの機能よりもカメラに注力しているようですので、用途さえ間違えなければ良い機種かと思います。

REI 2 Dual camera

メーカーイチオシのカメラについては、メイン(バック)カメラが13MPのデュアル仕様となっており、ソニー製のセンサを採用していることがウリのようです。

ボケを入れる撮影から夜景撮影まで何でもこなせるというのがコンセプトになっているようですが、ウェブ上での評価はまずまずというところでしょうか。やはり薄暗いところの撮影は難しいようですが、総じて価格から考えれば使えるというのが評価として多いように見受けます。

また自撮り(セルフィー)用のフロントカメラは16MPと、このクラスでも珍しく高画素のものを搭載しています。
美顔モードや顔のパーツを調整できる機能など多数搭載されているようなので、良く自撮りをする方には使いどころの多いかもしれません。

REI 2 Dual self cam

パーツ調整までできるってもはや詐欺では…いやなんでもないです。

ちなみに動画撮影機能は4Kまで対応しているようなので、風景写真だけじゃなく動画も撮りたいという方にも良いと思います。

バッテリーについて

ここがCPUのSnapdoragon625と兼ね合いのポイントかと思いますが、省電力化を狙った影響でバッテリー駆動時間も長めであるようです。また搭載されている容量も3,300mAhとこのクラスでは平均的な容量かと思います。

公式では連続待受25日間ということですが、まぁここまで持たないにしても2〜3日くらいは持って欲しいところです。

スポンサーリンク

その他の機能について

5.5インチというやや大きめのサイズなので、画面サイズを4インチ程度に縮小して左右下側に寄せる「親指モード」なるものが搭載されているようです。iPhoneのPlusシリーズを使ったことのある方ならイメージできると思いますが、あんな感じですね。

また利用者に合わせて画面表示モードを選べるようになっており、簡単ケータイのように必要最低限で大きく見やすい「らくらくモード」と利用制限等をかけれる「キッズモード」という2種類があるようです。

価格的にも子供向けとしてちょうど良さそうですし、このあたり選択肢としても悪くないポイントかもしれません。

ただおサイフケータイ機能や防水・防塵には対応していないので、普段からこの辺の使いどころを気にされている方にはちょっと合わないかも。

価格について

最後に価格についてですが、リリースされた当初は29,800円(税抜)とこのクラスとしては平均的な価格になっていました。ただ日本国内の販売店がこの価格で出してくるというのは珍しいことだったので、結構いろんなところでコスパが良いと取り上げられていました。

この価格帯とスペックでは、「ASUS Zenfone 3」や「Huawei P10 Lite」など1世代前の機種がライバルになりますが、今回の値下げによってこれらの機種よりも安価かつスペックは同程度となりますので、さらにお得な機種という印象が強まりました。

世代的にはひとつ前だけど、低価格でそれなりに使い勝手の良い機種を探している方にはお手頃でちょうど良いスマートフォンかと思います。

スポンサーリンク

まとめ

ということで、「FREETEL REI 2 Dual」のスペックを改めてまとめてみましたが、これで2万円ちょっとならアリじゃないでしょうか。

一応、国内メーカーですのでサポートなどの対応も可能となっているため、スマートフォンにあまり慣れていない層には良いかと思います。
高齢者や子供、もちろんライトユーザーも含めてオススメできる1台ではないでしょうか。

また既に販売されて数カ月経過しているので、実機レビューや所感などが多く出回っているので感覚を掴みやすいこと、店頭に実機が置いてあることも多いので試しに触ってみることができるのもメリットかと思います。

当ブログで紹介しているような海外製品に不安のある方は、ぜひ検討してみてくださいね。

購入は公式サイトの他、Amazonでも可能です。ちなみにSIMだけでドコモ回線を検討している方は親元になった楽天モバイルが安価でオススメしてます。

楽天モバイルならスマホの料金が超お得!

FREETEL REI 2 Dual (WHITE)
MAYA SYSTEM
¥ 24,600(2018/09/14 11:08時点)
REI 2 Dual|FTJ17A00|FREETEL(フリーテル) のSIMフリースマホ
Dualカメラをもっと身近な存在に。FREETEL REI 2 Dualは、Sony CMOS イメージセンサーのデュアルカメラを搭載し、 色彩豊かで、一眼レフのような遠近感のあるボカシ写真が簡単に撮影できるスマートフォンです。
Android
スポンサーリンク
ツイートで最新情報をお届け!
ぜひフォローお願いいたします。
プッシュ通知でも最新情報をお届けしています。
シェアもして頂ければ嬉しいなぁ…
HelenTech.net