10月11日に発表予定の「Huawei Honor 8C」のスペックをわかる範囲でまとめ

honor 8c tenaa image Android

みなさんこんにちは、へれん(@Helen_Tech)です。

さて、Huaweiは10月11日に新モデル「Honor 8C」の発表を行うと公式に招待状を出しているようです。

この「Honor 8C」は、5月にリリースされた「Honor 7C」の後続モデルとなっていて、同時にEUで販売予定の「Honor 8X」の小型かつ廉価版のモデルとなっています。

実は「Honor 8C」に関しては、TENAAにスペックが公開されているようなので、さくっとまとめておこうと思います。

スポンサーリンク

「Honor 8C」のスペック

Huawei Honor 8C
ディスプレイ6.28インチ LCD
1,520 × 720
CPUSnapdragon 450
RAM4GB
内部ストレージ32GB / 64GB
カメラメイン 13MP+2MP
フロント 8MP
バッテリー3,900mAh
予想価格137ドル
約16,000円

スペックについてはこのようになっています。
まず価格ですが、この点は確定的ではなく現行の「Honor 7C」がこの販売価格だったので、おそらく「8C」も同程度であろうということです。

性能についてのコメント

ディスプレイは6.28インチと大きめですが、解像度はエントリークラスとなっています。

CPUについても変更される可能性がありますが、少なくともKirinチップではないということで、Snapdragon450を採用する可能性が高くなっています。

RAMは4GBとエントリークラスにしては平均以上を搭載していますし、ストレージも32GBあるいは64GBとなっていることから、価格を考えるとまずまずバランスの良い構成になっているかと思います。

カメラもメインは13MP+2MPのデュアル仕様ですし、セルフィも8MPとスタンダードと言える構成になっています。

とくにポイントとなるのがバッテリー容量ですが、3,900mAhと比較的大容量を搭載しているので、2〜3日なら持ちそうな印象です。

スポンサーリンク

まとめ

エントリークラスとしては、価格の割にうまくまとまっていそうなスマートフォンに仕上がっているようです。

ただこの手のスマホが日本で発売するかどうかはあまり期待できないのが残念なところです。

現時点ではこのような情報ですが、公式発表は10月11日ですし、もしかしたら内容も変わるかもしれませんので、その点はご了承ください。

私の好きなNokiaスマホもそうですが、こういうコストパフォーマンスの良い機種が日本国内でも正式にリリースされるともっと面白いと思うんですけどね。

Android
スポンサーリンク
ツイートで最新情報をお届け!
ぜひフォローお願いいたします。
プッシュ通知でも最新情報をお届けしています。
シェアもして頂ければ嬉しいなぁ…
HelenTech.net