シャープが5.5インチのAndroidスマホ「AQUOS sense2」も発表しました!

AQUOS sense2 Android

みなさんこんにちは、へれん(@Helen_Tech)です。

先ほど、自社製OLEDを採用するハイスペック機「Sharp AQUOS zero」についての記事をまとめていますが、今回はエントリー〜ミドルレンジクラスの「AQUOS sense2」の紹介です。

ちなみにハイスペック機の記事は下記をご覧ください。

これの前モデルとなる「AQUOS sense」は各キャリアとMVNOでも取扱があるので、名前はなんとなく知っているという方も多いかと思います。

価格の割にバランスの良い構成の機種のため、国内でも結構評価の高い機種の後継機となりますので、興味が沸く人もいるかも。

ということで、今回は「Sharp AQUOS sense2」のスペックをまとめておきます。

スポンサーリンク

「Sharp AQUOS sense2」のスペック

Sharp AQUOS sense2
OSAndroid 8.1
ディスプレイ5.5インチ IGZO
2,160 × 1,080
CPUSnapdragon 450
1.8GHz(8core)
RAM3GB
内部ストレージ32GB
外部ストレージmicroSD
(最大512GB)
ポート※画像から判断つきませんでした…
メインカメラ12MP
フロントカメラ8MP
その他指紋認証
顔認証
IPX5/IPX8相当防水
IP6X相当防塵
バッテリー2,700mAh
サイズ縦148 × 幅71 × 厚み8.4mm
重さ155g

このようなスペック構成になっています。

基本構成から見るに、一般的なエントリークラススマートフォンよりもディスプレイの解像度の高いモデルになっているようです。

採用されているCPUはSnapdragon450で、前モデルよりも20%ほど性能は向上しているようです。ただ全体的な感じを見るに、ゲームをメインで考えるスマホではなく、日常でのコミュニケーションツールとしてやちょっとしたときにカメラで撮影する程度であれば問題ないかなという感じ。

ただ発表会に参加しているメディアのコメントを見るに、前モデルから大きな変化はないようです。

カメラについても、「Zero」と同様にシングル仕様ですが解像度は12MPと標準的になっています。

フロントカメラも同様ですが、いずれも日常でコダワリがなければ使い勝手は悪くないと思います。

やっぱりバッテリーの数値が控えめなところが気になりますが…こういう心配をさせないためにも、しっかりと実働時間等を書いてもらったほうが良い気がしますけどね。…かけないのか。

確かに地味なモデルの感じがありますが、堅実な感じのするスマホなので、国内メーカーが安心という層には十分選択肢としてありではないでしょうか。

スポンサーリンク

まとめ

ということで「Sharp AQUOS sense2」についてまとめてきましたが、正直なところ「zero」のあとにまとめてしまったので、パンチ不足感があります。

ただ、スペックの構成的にもバランスは良いですし、おそらく価格を考えてもコストパフォーマンスに優れる1台になるかと思うので、キャリアないしMVNOでセット商品でリリースされたときに選ぶというのも悪くないと思います。

価格と発売に関しては、2018年冬モデルということなので後日発表となる予定です。

とりあえず現行の「sense」などはAmazonでも白ロムを取り扱っていたりするので参考まで。

「Sharp AQUOS sense2」公式製品ページ

Android
スポンサーリンク
ツイートで最新情報をお届け!
ぜひフォローお願いいたします。
プッシュ通知でも最新情報をお届けしています。
シェアもして頂ければ嬉しいなぁ…
HelenTech.net