「ZTE nubia X」の正体が明らかに!デュアルスクリーン採用のフラッグシップスマートフォンでした。

nubiaX——努比亚手机官网 top image Android

みなさんどうも、へれん(@Helen_Tech)です。

ついにZTEのフラッグシップスマートフォン「nubia X」の正体が明らかになりました!
まさか本体両面に液晶を搭載したデュアルスクリーンだとは…。

もちろんメインディスプレイとサブディスプレイという概念が存在していますので、微妙に違いもあります。

ということで今回は、「ZTE nubia X」のスペックなどをまとめていこうと思います。

スポンサーリンク

「ZTE nubia X」のスペック

ZTE nubia X
OSAndroid 8.1 Oreo
nubia UI 6.0.2
メインディスプレイ6.26インチ OLED
2,280 × 1,080
サブディスプレイ5.1インチ
1,520 × 720
CPUSnapdragon 845
RAM6GB
8GB
内部ストレージ64GB
128GB
256GB
カメラ16MP+24MP
ポートUSB-C
その他イヤホンジャックなし
両画面に指紋センサ搭載
バッテリー3,800mAh
サイズ縦154.1 × 幅73.3
× 厚み8.4
重さ181g
価格6GB/64GB:473ドル
8GB/128GB:530ドル
8GB/256GB:602ドル

スペックについてはこのようになっています。

まず基本的な部分から見ていくと、採用されているCPUは現状モバイル最強のSnapdragon845ですし、6GBRAMあるいは8GBRAMを搭載していることから間違いなくフラッグシップモデルです。

ストレージはRAMとの組み合わせで3種類選択となりますが、ここはハイスペックモデルにスタンダードな構成となっています。

スポンサーリンク

ディスプレイについて

そしてこの「nubia X」の特長的なディスプレイ部分ですが、メインとサブではっきりと性能が分かれています。

メインはノッチのないベゼルレスデザインのOLEDフルディスプレイとなっていますが、サブは5.1インチのカメラ部分を残したディスプレイとなっています。

解像度にも違いが出ていますので、役割も別と考えた方が良さそうですね。

nubiaX back display image

ちなみに背面は壁紙を変更するようにして、デザインや表示内容も変えられるようです。

こういう雰囲気ってなんか中国っぽいですよね。スマートウォッチとかにもありがちなやつ。

カメラについて

デュアルディスプレイに影響されて、ここも少し特殊です。

両面が画面であるがゆえに、カメラは片面のみに採用されています。
対象を撮影する場合にはメインディスプレイを見て撮影すれば良いですし、自撮りの場合はサブディスプレイを見ながら撮影すれば良い…とこういうわけなので、両面にカメラを設置する必要はないようです。

確かにこういうふうに使えば便利そうですね。

ちなみにカメラも16MP(f/1.8)のメインカメラと24MP(f/1.7)のサブとデュアル仕様なので使い勝手についても悪くはなさそうです。

その他もろもろ

もうひとつ面白いのが、両画面に埋め込み式の指紋センサが搭載されていること。
利用する側のセンサを利用することで、その画面のロックを解除することができるようです。

両面ディスプレイの影響か、バッテリーは3,800mAhと比較的多めの容量を搭載していますが、どの程度の減りとなるかは実機を待つしかなさそうです。

さらにイヤホンジャックが廃止となっているので、このあたりも考慮して購入を検討するほうがよいかもしれません。

スポンサーリンク

まとめ

ということで、ざっくりと「ZTE nubia X」のスペックをまとめてみました。

正直ユニークすぎてちょっと欲しいです(笑)
ちなみに価格ですが、下位モデル(6GBRAM/64GB)が473ドル(3,299元)となっていて、それぞれ値段が変わっていますが、思ったよりも高くはないという印象です。

使い勝手がどんなもんか気になりますが、この価格なら試してみる価値はあるかもしれませんね。

11月5日より中国で発売となるようですが、グローバルモデルなどについては現時点でははっきりとしていませんので、しばらく様子を見る必要がありそうです。

Android
スポンサーリンク
ツイートで最新情報をお届け!
ぜひフォローお願いいたします。
プッシュ通知でも最新情報をお届けしています。
シェアもして頂ければ嬉しいなぁ…
HelenTech.net