Planetが6インチPDA「Cosmo Communicator」を発表し、Indiegogoで出資募集中です!

planet cosmo communicator 1 Android

みなさんどうも、へれん(@Helen_Tech)です。

実は1ヶ月ほど前からウワサはありましたが、ついにPlanetが「Cosmo Communicator」という6インチのQWERTYキーボード搭載モバイル端末、というかPDAを発表してクラウドファンディングサイト「INDIEGOGO」で出資を募っています。

なんで急に取り上げたかというと、我らがJollaのSailfish OSをマルチブートできるからです(笑)

すでに国内メディアでもいくつか取り上げているのであれですが、「Planet Cosmo Communicator」のスペックをざっくりとまとめておきます。

スポンサーリンク

Cosmo Communicator

Planet
Cosmo Communicator
OSAndroid 9 Pie
(Linux、Sailfishデュアルブート可)
メインディスプレイ5.99インチ AMOLED
2,160 × 1,080 (403ppi)
マルチタッチ対応
サブディスプレイ2インチ
570 × 240 (300ppi)
CPUMediaTek P70
2.0Ghz(8core)
RAM6GB
内部ストレージ128GB
外部ストレージmicroSD
メインカメラ24MP
フロントカメラ5MP
ポートUSB-C ×2
イヤホンジャック
その他指紋センサ
LTE対応(通話可能)
※バンド7/13のみ?
バッテリー4,220mAh
サイズ幅171.4 × 奥行79.3 × 厚み16mm
重さ320g
価格$799
約91,000円

スペックについてはこんな感じになっています。
正直なところ、この雰囲気だけでも欲しかったり(笑)

まず、端末についてはご覧のとおりキーボードと一体になったモバイル端末です。
同社がすでにリリースしているPDA「Gemini PDA」という端末の後継機種と考えて頂ければ問題ないかと思います。

メインディスプレイは6インチのフルHD+解像度となっており、物理キーボードですので画面はフルに使うことができます。さらにタッチ操作も対応ですので、このあたりはスマホと同じ感覚で良いかと。

またOSはAndroid 9がベースとなっていますが、LinuxやSailfishをオプションでデュアルブートすることも可能です(ChromeOS…)。

性能面あれこれ

ここについては前モデル「Gemini PDA」を使ったことがないのでサラッと行きますが、前モデルからCPU周りがグレードアップしているので、動作的にはより快適になっていると思います。

ただ、採用しているCPUはモバイル向けのMediaTek P70ですので、インテルのCore m3を採用した中国メーカーのゲーミングUMPCと違い、純粋なコミュニケーションツールとしての端末ですので、せいぜい動画再生程度にとどめておくほうが良さそうですね。

またカメラもリアカメラ部分が24MPと高画素のため、ビジネスなどで使っていてホワイトボードとかメモを撮影したりするには十分すぎるものかと思います。
またフロントカメラも搭載しているので、ビデオチャットなども可能というのは便利かもしれません。

機能面あれこれ

意外だったのが、通話にも対応しているということ(VoLTEも対応)。

cosmo communicator 2

ご覧のとおり外側にはサブディスプレイが搭載されていて、しかもタッチ対応。

その下側には指紋センサ兼トグルスイッチがあり、電話を受けるときにはここをタッチすることで通話が可能となるようです。

あと個人的に嬉しいのは、キーボードはバックライトが搭載されている点。

cosmo communicator 3

こんな感じで明るくなるようですので、暗いところで入力する必要があるときには便利だと思います。

またINDIEGOGO内のQandAでは、日本語入力(かな)レイアウトもサポートされているようなので、もしかしたらまた国内向けにJIS配列風になってリリースされることもあるかもしれません。

ただ最終的に気になったところですが、LTE対応となっているものの、現状で対応が示唆されているLTEバンドが7/13となっているんですよね。
これでは日本国内でのLTE通信はできませんので、そうなるとちょっとパンチが弱い気がします。

スポンサーリンク

まとめ

ということで、現状での情報をざっくりとまとめてみましたが、どうでしょうか。

物理キーボード好きな管理人としては、かなり興味をそそられる端末なんですけど、日本でのLTE通信に対応しないとなるとちょっと悩みどころです。

これ1台でいろいろ完結できるようになればとても便利ですが、結局LTE通信用のスマホを持ったりすることになるなら、現状どおりノートパソコンあるいはタブレットとスマホで良いかってなっちゃいますからね。

とはいえ、ユニークな端末ですし、使ってみたいと思うので気になる方はINDIEGOGOの紹介ページをご覧いただくほうが良いかと思います。

ちなみに最終価格は$799ですが、この記事を書いている時点(2018/11/05)では、EARLY BIRD Specialということで$550(約63,000円)と31%オフで購入することが可能です。

発売予定は来年2019年5月となっていますので、まだまだ待つことになりそうですが。