HTCが台湾で「Desire 12s」を発表したようです。かなり地味なエントリークラスのスマートフォン…

HTC Desire 12s main image Android

みなさんどうも、へれん(@Helen_Tech)です。

ぶっちゃけ取り上げることもないんですが、デザインが何というか独特な感じに仕上がってしまっていたので、気になってしまいました。

この「HTC Desire 12s」というモデルは、台湾国内向けでリリースされたスマートフォンですので、おそらくグローバル展開はないと思います。

ということで、ざっくりと「HTC Desire 12s」のスペックと画像だけまとめておこうと思います。

スポンサーリンク

スペックと画像

HTC Desire 12s
OSAndroid 8.1 with HtC Sense
ディスプレイ5.7インチ
1,440 × 720
CPUSnapdragon 435
RAM3GB / 4GB
内部ストレージ32GB / 64GB
外部ストレージmicroSD
リアカメラ13MP
フロントカメラ13MP
ポートmicroUSB
イヤホンジャック
対応バンド【4G-LTE】
1 / 3 / 5 / 7 / 8 / 20 / 28 / 38 / 40 / 41

【3G-WCDMA】
1 / 2 / 5 / 8

バッテリー3,075mAh
サイズ縦154.2 × 幅72.7 × 厚み8.3mm
重さ150g

スペックは一般的とも言えるエントリークラスよりやや上くらいのスマートフォンとなっています。

同じCPUを採用するスマートフォンには、「ZTE Blade A6」や「Xiaomi Redmi Note 5A」など、2017年頃から出回っているものがあります。

ネットやメール、SNSや動画閲覧などであれば特に問題はありません。
ゲームを中心に考えると、ちょっと辛いところはあると思いますが仕方のないところでしょう。

ディスプレイについてはノッチのない、スタンダードなディスプレイとなっています。

htc desire 12s front image

結構、左右のベゼルはギリギリまで攻めているので悪くないと思うんですけどね。

カメラついでに紹介する、海外サイトでも話題になってしまった背面のデザイン。

htc desire 12s back image

リアとフロントのいずれも12MPと画素数的には十分かと思います。

ただデザインがちょっと、古めかしいというか何というか…。
HTCといえば、いつぞやiPhoneっぽいデザインを目指したものもありましたし、今回のこれは何となくPixelっぽいイメージで作られたような感じです。

けどやっぱりちょっと…という印象になってしまいますね。

価格については4GBRAM/64GBストレージモデルがおよそ225ドルということなので、本当にフツーのスマートフォンとなっています。

ということで、このなんとも言えないデザインが気になっただけで取り上げてしまいました。すみません。

 

Android
スポンサーリンク
ツイートで最新情報をお届け!
ぜひフォローお願いいたします。
プッシュ通知でも最新情報をお届けしています。
シェアもして頂ければ嬉しいなぁ…
HelenTech.net