「Huawei Nova 4」がついに発表!ホール型フロントカメラと48MPリアカメラを搭載したハイスペックなモデル

Huawei Nova 4 main image Android

みなさんどうも、へれん(@Helen_Tech)です。

ホール型フロントカメラを採用したほぼフルディスプレイの「Huawei Nova 4」がようやく発売となりました。

これまでも当ブログではウワサを取り上げていましたが、いざ発表となった「Huawei Nova 4」は、スペックと価格のバランスが良いハイスペック寄りのスマートフォンに仕上がっていていい感じです。

ということで無事に発表された「Huawei Nova 4」のスペックをまとめておこうと思います。

スポンサーリンク

スペックについて

Huawei Nova 4
OSEMUI 9.0.1
ディスプレイ6.4インチ
2,310 × 1,080
CPUKirin 970
1.8-2.36GHz(8core)
RAM8GB
内部ストレージ128GB
リアカメラ【上位モデル】
48MP+16MP+2MP【標準モデル】
20MP+16MP+2MP
フロントカメラ25MP
ポートUSB-C
イヤホンジャック
バッテリー3,750mAh
サイズ縦157 × 幅75.1 × 厚み7.77mm
重さ172g
価格【上位モデル】
3,400元 / 約56,000円【標準モデル】
3,100元 / 約51,000円

スペックについてはこのような感じになっています。

ディスプレイはノッチはなく、パンチホール状に空いたフロントカメラが設置されただけの、限りなくベゼルレスに近いフルディスプレイとなっています。

採用されているCPUはKirin 970で、現状での最新CPUというわけではありませんが、日本国内でも人気の「Huawei P20」と同じものですし、8GBRAMとハイエンドスマートフォンと遜色ないRAM容量を搭載していますので、性能面では何も心配はありません。

スポンサーリンク

ゲーミングスマホとして考えると、最新のKirin 980やSnapdragoon 845と比べると劣る部分もありますが、よほど重い3Dゲームなどを考えなければ十分すぎるくらいの性能を有しています。

今回ウリとも言えるカメラ性能も、「P20」に劣らずかなりの性能になっています。

Huawei nova 4 cam

パンチホール状のフロントカメラは25MPの解像度とこちらも十分なところですが、リアカメラは標準モデルも上位モデルもトリプル仕様となっており、とくに上位モデルでは最大48MP解像度のセンサを搭載しています。

AI機能の向上などもあるようですので、スマホで撮影することや自撮りをメインで考えている方にも選択肢として悪くないスマートフォンだと思います。

あとはバッテリー容量などもこのクラスの標準以上ですし、サイズ感なども考えると日常使いで十分に扱いやすい1台となっています。

これだけのテンコ盛りなスペックですが、価格は上位モデルでも5万円台と破格のコストパフォーマンスの良さを発揮しています。

ただ現時点では中国市場のみということなので、今後の展開次第でどうなるか…というところですね。

スポンサーリンク

まとめ

ということで、ざっくりですが「Huawei Nova 4」のスペックについてまとめておきました。

5万円台で購入できるスマートフォンとしては、本当ハイスペックすぎるくらいの仕上がりだと思います。

確かにこういう製品をリリースしてくる中国メーカーが警戒されるというのも仕方ないところかもしれませんね。

まずは中国市場での展開ですが、情勢的にグローバル展開をしてくるかどうかはまだわかりません。ただ展開してくれれば、日本でもSIMフリーなどで「P20」のように人気が出てきそうな感じがあります。

国内で正規取扱のある「Huawei P20」を参考まで。

「Huawei Nova 4」の製品詳細については、中国語版公式サイトにありますので興味のある方はこちらもご覧くださいませ。

HUAWEI nova 4,超广角三摄,自拍极点全面屏 | 华为官网
华为nova 4自拍极点全面屏,创造自拍黄金角度。前置2500万高清镜头,搭载AI塑形美拍,自然修饰脸型及五官。4800万超广角三摄,无论强光、逆光还是暗光,随手一拍,都是时尚大片。1600万超广角镜头,取景面积扩大一倍,给你双倍精彩的美好回忆。
Android
スポンサーリンク
ツイートで最新情報をお届け!
ぜひフォローお願いいたします。
プッシュ通知でも最新情報をお届けしています。
シェアもして頂ければ嬉しいなぁ…
HelenTech.net