Chromebook専門の検索・比較サイトを作りました!ここからどうぞ

ついにXiaomiから「Redmi Note 7」がリリースされました!コストパフォーマンスに優れるミドルクラススマホ

xiaomi redmi note 7 imageAndroid

先日、そろそろ発表されるかもしれないという記事をまとめていましたが、本日無事に「Xiaomi Redmi Note 7」が発表されました。

もともと「Redmi」シリーズのスマートフォンは、コストパフォーマンスを重視しており、中国メーカーの中でもかなりのレベルにありました。

今回発表となった「Xiaomi Redmi Note 7」も例に漏れず、ミドルクラスのスペックを有し、高画素のカメラを採用しつつも下位モデルは約16,000円からで最上位でも23,000円という破格のお値段になっています。

ということで、明らかになった「Xiaomi Redmi Note 7」のスペックをまとめておこうと思います。

スポンサーリンク

スペック

Xiaomi Redmi Note 7
ディスプレイ6.3インチ
2,340 × 1,080
水滴ノッチ
CPUSnapdragon 660
2.2Ghz(8core)
RAM3GB / 4GB / 6GB
内部ストレージ32GB / 64GB
外部ストレージmicroSD
(最大256GB)
リアカメラ48MP+5MP AI
フロントカメラ13M
バッテリー4,000mAh
Quick Charge 4.0
ポートUSB-C
イヤホンジャック
その他背面指紋センサ
デュアルVoLTE
対応バンド【4G-LTE】
1/3/5/7/8/34/38/39/40/41【3G-WCDMA】
1/2/5/8
サイズ縦159.21 × 幅75.21
× 厚み8.1mm
重さ186g
価格3GBRAM/32GB:約16,000円
4GBRAM/64GB:約19,000円
6GBRAM/64GB:約23,000円

スペックについてはこんな感じです。

中華スマホでは、ダウンクロックされたSnapdragon660を採用する機種もありますが、「Redmi Note 7」は通常のクロック周波数で動作します。

RAMもストレージもミドルクラスのスマートフォンとしては十分な容量を備えています。

低価格帯のスマホといっても、最新機種に搭載されているような水滴型ノッチを採用しており、画面解像度もフルHD+となかなか豪華になっています。

xiaomi redmi note 7 01

さらにカメラも気合が入っていて、リアカメラは48MPと5MPのデュアル仕様となっています。

またこのカメラは、「Huawei Honor V20」や「Huawei Nova 4」などのソニー製センサではなくSamsung製センサを採用しており、AIによる処理で48MPを出力しているとのこと。

スポンサーリンク

ちなみに今後、ソニー製センサを採用してスペックアップをした「Redmi Note 7 Pro」のリリースを計画しているそうです。

フロントカメラは13MPとXiaomiにしては控えめですが、この価格帯のスマートフォンとしては十分な画素数かと思います。

その他、バッテリーも4,000mAhと比較的容量も多いですし、背面指紋センサやデュアルVoLTE対応など機能面でも必要十分かと思います。

それでいて価格は約16,000円からですから、相当コストパフォーマンスに優れたモデルであることがわかります。

スポンサーリンク

まとめ

ということで、ざっくりと発表された「Xiaomi Redmi Note 7」のスペックをまとめておきました。

正直ここまでコスパの良い機種を出してくるとは、さすがXiaomiというべきか驚きですよね。

スペックと価格のバランスの良さ、カメラ性能などを考えればサブ機としても優秀ですし、コダワリはないけどそれなりにスペックも良く低価格な機種が欲しいと思う方には、Xiaomi製品はおすすめだと思います。

この記事を書いている現在(2019/01/10)、Geekbuyingでエントリーモデルの取扱があるようなので、参考までに。

Android
スポンサーリンク
スポンサーリンク
HelenTech